2017年09月17日

無風

16日 総武線沿線 4店舗(うち非BO1)
17日 京王線沿線 2店舗(うちボウズ1)

昔の暦であれば金土日の三連休だったところが
土日月の三連休です。ちょうど台風が通り過ぎる
タイミングと重なりました。影響を受けた地域には
お見舞い申し上げます。

こちらは、台風に備えて土曜日の早めの時間帯に
今週の在庫補充を済ませようと思って出かけましたが、
あまりめぼしいものには当たらず、その中でも
相対的にましだったのは最初に訪れた店舗。
どうも、一日の中でも、時間の経過とともに
集中力と鑑識眼が落ちるようです。
この日に関しては、集中力は1店舗分しか
持たなかったということでしょうか。

最近、駅からの距離がある店舗の場合は、
グーグルマップのナビ機能で、最短ルートを
確認するようにしています。
これまでなんとなく歩いてきたルートが、
実は遠回りだった、ということがいくつか
判明しているためです。
最短ルートがいちばん歩きやすいかどうかは
また別の話なので、最短ルートを知ったうえで、
普段使うルートを決めようと思っています。
曲がり角でいちいち教えてくれるので、
便利ですね。

どうもこのような機能をまだ習慣化できて
いないので、たとえば、駅に向かう途中で、
次の電車が来るまでの時間をチェックして、
速足で行けば早い電車に乗れるかどうか、
みたいな判断ができるといいなあと
思っています。
通勤では使いませんが、たまに行く場所の
場合には、自然とこのようなチェックが
できるのがいいですね。


日曜日は、他の用事のついでの仕入れだった
のですが、台風にもかかわらず熱心に仕入れ
されている方を見かけました。一時期よりは
お見かけする頻度が上がったような印象です。
今回はこちらは風のない台風だったため、
助かりました。

台風が無風なのはいいのですが、売り上げの方も
無風状態となり、困ったものです。
posted by raoya at 20:19 | Comment(0) | 仕入れの記録
2017年09月10日

読書の秋待望

9日 青梅線沿線等 5店舗
10日 中央線沿線 1店舗

今週は田舎の方に行ってきました。滅多に行かない方面のため、
店内レイアウトが大胆に変更していたり、30分に一本しか出ない
電車にタッチの差で乗り遅れたりと、波乱万丈な一日。
しかも、収穫は以前同様、大したことなし。
仕方ないので併設店舗の別ジャンル商品を趣味の観点で物色
したりしてその穴埋めをしてきました。

その一方で、売り上げの方はやや持ち直しており、少し高い
商品が売れやすくなっているようです。
読書の秋到来かも。

今週はあまりめぼしいネタが仕入れられませんでした。
すみません。もう少し精進します。
posted by raoya at 22:20 | Comment(0) | 仕入れの記録
2017年09月03日

うるさい日本の私

28日 埼京線沿線等 5店舗
29日 京葉線沿線 1店舗
30日 中央線沿線 1店舗
31日 京王線沿線 4店舗
1日 総武線沿線 1店舗
2日 京急線沿線等 4店舗
3日 西武線沿線 4店舗

休暇週。本ブログのテーマ外の課題があり、
関係することをこなすことがメインとなった週で、
その合間に仕入れをした感じですが、一応
毎日何らかの仕入れを行ったことになりました。

この程度の巡回でも、毎時流れる店内固定BGMの
ウザさは半端ないですね。
電車で巡回すると、車で移動するよりも移動時間を
要するわけですが、その要し方次第では、毎時
同じ時間帯に店に滞在していることになり、
このことが同じ曲を聞かされることにつながって
いるのかもしれません。

たとえば、朝一で店に行くと、10:10に聞かされ、
店内滞在30分&移動時間30分とすると、次の店で
また11:10に同じ曲を聞くことになるわけです。
車で移動した場合、10分くらいで移動できれば
同じ曲を聞かずに済むかもしれません。

これを勤務の都度聞いている店員や店舗に
張り付いている皆様の忍耐強さには頭が
下がります。

もっとも、週の途中で曲が変わって、少し
救われたところはありましたが。

せっかく二種類のバージョンがあるのですから、
欲張って毎時両方流さずに、一時間に1回にして
もらいたいものです。

あとは、小型店に多いような気がしますが、
店内各所にDVDを置いて、CMをエンドレスで
流すのもやめてもらいたいものです。同じ内容を
延々と聞かされることの苦痛がわからないもの
なのでしょうか?
きっと、宣伝効果は得られていないと思いますよ。

中島義道氏のこのあたりの本がきっと文庫C棚に
並んでいると思われますので、店員の皆さんに
おかれましては、ぜひ暇な時間帯に立ち読みして
店舗運営の参考にしてもらいたいものです。
posted by raoya at 21:38 | Comment(0) | 仕入れの記録
2017年08月27日

地域色

24日 通勤途上 1店舗
26日 東急線沿線 6店舗(うちボウズ1)
27日 甲府市内 5店舗(うちボウズ1)

年に一回の頻度で企画している、ドライブ&仕入を敢行。
最近では、静岡、愛媛&高知、神奈川と企画しましたが、
レンタカー代等もかかるので、採算度外視。
よく国会議員がゴールデンウィークや夏に海外を視察
するのと似たようなものです。

あとは、普段運転する機会がないので、運転技能の
確認の意味合いもあります。
愛媛&高知を運転した時は、あまりスピードを出せる
道を走るのはやめたほうがいいという気付きを
得ることができました。


山梨県の仕入れはかなり昔に一度経験があるのですが、
その時から店舗は減少、釣果もあまり芳しくない
ことに対する覚悟があったのですが、その割には
とれたかなといった印象です。ただ、店舗による
落差は大きかったです。

旅先でも仕入れるようになったのはもう10年位前
からですが、そのころは、棚は地域色が豊かだった
感覚があります。
そのあたりは、もうほとんどありませんね。
並んでいる商品の画一化もありますが、バーコード
シールの普及で、値段や棚の位置も画一的になりました。
個性があるのは、売ってくれる客層、とか、
Cに落とすまでの未練の度合い、くらいのものでしょうか?


土曜日に回った都内の複数の店舗で、買取システムを
導入するみたいな店内アナウンスをしていました。
個人情報を登録させて、2度目からの買取を
スムーズに行うみたいな趣旨のようですが、
これのメリットがあるのは、CMにあるような、
無闇に本を買いまくって、値段を気にせず
引き取ってほしいという常連くらいのものでしょう。
メリットは、客よりも店舗にあり、という感じ
ですね。

買取査定終了の呼出しに「Zの〇〇」と言っているのが
耳に入りましたが、それが新しい方式なのかな
などと推測しています。

まあ、買取に関しては、良質なものを売って
くれる客を大事にしてくださいとしか言いようが
ありません。
レアなものを反復的に売ってくれる客というのは
原則いないと思いますので、何を大事にするのが
我々にとってメリットがあるのかは難しいところです。

posted by raoya at 23:05 | Comment(0) | 仕入れの記録
2017年08月20日

ペースを落としながら

19日 小田急線沿線等 3店舗
20日 総武線沿線等 3店舗

雨が続く8月、こちらの売り上げの方もすっかり
湿った状態が定着しています。
最近の仕入れ力の低下に伴って在庫の質が
下がっているのが主因であることは、
よくわかっています。

特に最近は。長期間にわたって利益をとれるものは
そうそうなくなっています。
ですので、定番商品ばかりに依存せずに、新たに
利益をとれようになったものを継続的に見つける
サイクルを保っていかなければいけないところを、
そのための労力をかける時間を捻出できずにいます。

時間の捻出ができるかどうかは、他に使う時間との
間の優先劣後関係で決まります。仕入れの力が落ちた
ということは、以前よりも自分の中で仕入適格商品の
リサーチに対する優先順位が落ちたということを
意味しています。

売り上げが落ちると、そのことを考えているときには
残念な気持ちになります。しかし一方で、やりたい
ことすべてをこなす時間と集中力には上限があるので、
上限に突き当たった場合には何かを犠牲にしなければ
なりません。
個人的には、そんなに後ろ向きではない選択をした
結果とも思っており、残念さはあるのですがそれは
それで仕方のないことと整理しています。

今は、空いた時間があればそれを仕入れで埋める、と
いったような時間配分になってきており、行き先の
吟味などは以前よりもアバウトになってきています。
もともと、いろんなエリアに行くことを気分転換と
して活用していたので、その意味では、その観点の
ニーズは今も引き続きそれなりに満たしています。

その点では、在庫が捌けずに堆積していくことや、
ブックオフが大量閉店したり店の棚が枯渇して
訪れるに値する店がなくなっていくことの方が
困ったことです。
売り上げの金額が悪くても、点数がそれなりに
出ている限りは、コストを賄っていることが条件では
ありますが、そんなに深刻ではないとも言えます。

今後は、こんな感じで、ちょっとペースを落としながら
進めていく感じになりそうです。


今週末は土曜日に遠出しましたが、夕方の大雨の時には
最寄り駅まで帰ってきていたので、大切な収穫品を雨に
晒すことなく戻ってくることができました。
posted by raoya at 21:43 | Comment(0) | 仕入れの記録