2006年05月28日

5/28の仕入れ状況

吉祥寺のブックオフに行ってきました。荷物が多かったので、ポイントとなる
棚だけをざっと眺めた程度です。

この週末も、私の地元をはじめとして単行本500円均一セールをやっている
店舗がいくつかあったのではないでしょうか。吉祥寺はCD&DVDの
250円引きをやっているだけでした。

CDはブックオフとしては在庫が膨らむばかりで、あまり割のいいものでは
ないのではないかと思います。本については「活字離れ」などと言われるので
売れてはいないのではないかという錯覚に陥りがちではありますが、あれは
売れていない書店の言い訳に過ぎず、売れている本は昔も今も売れています。
それはアマゾンで本を売っている人であれば実感していると思います。

ですので、私はCDを扱うつもりはないのです。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年05月27日

5/27の仕入れ状況

発送のついでに地元のブックオフに行ったのですが、明日単行本500円
均一セールの張り紙がしてありました。

このような時の対処方法というのは微妙で、いい本を見つけた場合に
即座に保護(購入)するか、翌日に望みをつなぐかは判断が分かれる
ところでしょうね。

翌日に望みをつないだものの、翌朝行ったら書棚になかった、となったら、
泣くに泣けません。やはり目にした時に購入するのがベストでしょう。

…と言いながら、結局買ったのは105円本だけでした。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 23:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年05月21日

5/21の仕入れ状況

先日入手した店舗限定の割引券の消化のために、上石神井と練馬高野台のブックオフに行ってきました。

練馬高野台では、文庫105円均一と単行本500円均一セールをやっていました。しかも、パンローリング社をはじめとする高額販売実績のある本が次々に見つかり、なかなか相性のいい店舗であるという確信が強まりました。

あまりの相性のよさに、レジでの精算で割引券を提示し忘れ、レジ済み後に頼んで使わせてもらうという情けないこともしてしまいました。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:29 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年05月20日

5/20の仕入れ状況

地元のブックオフでは、ゴールデンウィークで配布された100円券を
再利用してのキャンペーンを行っています。100円券を使って1000円以上の
買い物をすると、使った券がレシートとともにまた渡されます。

時々昼食を食べに行く居酒屋で配っている100円引き券と同じ対応方法です。

まあそれは別にいいのですが、今日行ったら単行本500円均一セールを
やっていました。その名も「活字祭り」。あまり祭りの似合う店舗ではないので
違和感があるネーミングではありますが、セールは歓迎です。しかしながら、
私の得意分野の棚の前に陣取り独り言を言いながら携帯片手にカゴに本を
入れている人がいたので、収穫はあまりありませんでした。

この週末はセール実施店舗が多いようなので、期待しましょう。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年05月16日

パートの主婦から社長に ブックオフ、橋本常務昇格

ブクオフに関するニュースです。表題はミスリードですね。


 古本買い取り販売のブックオフコーポレーションは16日、女性パートから入社した橋本真由美常務(57)が社長に昇格する人事を発表した。創業者の坂本孝社長(66)は会長に就任する。6月24日付。上場企業でパート出身の社長は異例だ。
 橋本常務は主婦だった1990年、神奈川県にオープンしたブックオフ1号店にパートとして入った。その後、91年に正社員となり、2号店の店長などで活躍し94年に取締役に昇進。同社によると「急成長した事業を、創業時からこれまでよく支えてきた」として、坂本社長が功績と実力を評価し、後任に指名したという。橋本常務はタレントの清水国明さんの姉。
(共同通信) - 5月16日20時52分更新

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | ブックオフ
2006年05月14日

5/13,14の仕入れ状況

13日は地元の、14日は中野早稲田通りと吉祥寺のブックオフに行ってきました。

中野早稲田通りのブックオフは久しぶりに行ったのですが、フランチャイズ店舗のようで、独自性があります。独自のホームページを持っていることも判明しました。私の行ったことのある高田馬場の2店舗と東中野はこの系列化であることが判明し、なるほどとうなずいた次第です。

以下のような特徴があり、古本屋らしさを色濃く残しています。
・BGMが「はやりもの」ではなく、ジャズ系など落ち着いたものである。
・店員がいらっしゃいませと叫ぶようなことはない。
・年齢が比較的上の店員がいるおかげか、落ち着いた接客が期待できる。
・定価半額・100円以外に、300円程度の「お買い得価格帯」を用意している。

掘り出し物比率は決して高くはありませんが、落ち着いて立ち読みしたい方などにはお勧めです。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年05月10日

5/10の仕入れ状況

荻窪のブックオフに行ってきました。

最近仕入対象がなかなか見つけられないと感じている要因の一つに、「損益分岐点が仕入価格水準だけでなく販売価格水準においても厳しくなった」というのがありますが、これらの点はかなり重視する必要があると思います。

最近の傾向としては、
○仕入価格上昇要因
 ・多くの古書店がアマゾンで併売するために店頭でもマーケットプレイスの相場で販売するようになった
○販売価格下落要因
 ・ブックオフ等の多店舗展開の結果、出品者が増加したことにより、値崩れが早くなった。
 ・ブログでの紹介やノウハウ販売の結果、紹介された書籍に出品が殺到し、値崩れが早くなった。
 ・出版社も、マーケットプレイスの相場を見ることによって自社の絶版本を重版した場合の採算性を予測できるため、高価取引絶版本は再版確率があがった。

といった要因があり、その中を生き残るには、
 ・とにかくコストを下げ、損益分岐点を下げる
 ・時間を惜しまず仕入を行う
 ・将来の値上がりを見越せる書籍を予測し仕入れる
といった技術が必要になってくると思います。

このうち3つめの技術が身につくと最強でしょうね。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年05月05日

重版の恐怖

書籍の中古価格が値崩れする契機というのはさまざまですが、ひとつには、ブログで紹介されるというのがあります。ただ、このパターンは最近は減少傾向にあるような気もしています。要はブログでの紹介は値崩れを誘うだけで需給をゆがませるデメリットの方が大きいという観点です。

もう一つの重要な要素は、出版社が重版した、というものです。

私がこれまで目をつけていた本の中にも、重版したものがあります。たとえば以下のようなもの。

「はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術」

「アニマルコミュニケーター」

これまで高値がついていたのが、一気に定価で入手できるようになるのですから、在庫の含み益は一気に剥げ落ち、場合によっては中古である分のディスカウントを考慮しなくてはいけません。
まあ、これは一種の交通事故でもありますので、このような可能性は常に念頭に置いて在庫を持つようにしたいと思います。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ
2006年05月04日

5/3,4の仕入れ状況

5/3には上石神井、荻窪、練馬高野台のブックオフ、5/4には花小金井のブックオフに行ってきました。
普段行くことのないようなエリアに行くのは、ゴールデンウィークのなせる業ですね。

練馬高野台のブックオフには初めて行きました。
練馬高野台駅というのは、西武池袋線の高架化が進む中で新設された駅で、ブックオフはその駅前にありました。店舗は2階建てで、単行本は2階部分にありました。2階にレジスペースがありますが、1階でまとめて精算することが多いような感じです。
特徴は二つ。店員が静かなことと、新書が250円で売られていたこと。新書好きにはたまらない計らいです。
また、店員がレジで客と全く視線を合わさずに接客していたのは、ブックオフの店員の教育レベルを物語っていました。


花小金井のブックオフは随分昔に一度行ったきりでしたが、練馬高野台などと同様のイメージの店舗です。
タイミングが良かっただけなのかもしれませんが、100円棚のレベルが高いような気がしました。また、2階部分にトイレがあるのが特徴。「店員に断ってから入ってください」「トイレに落書きをしないで下さい」という掲示が印象的。


2階建て店舗の2階部分は、割と店員が静かな店が多いような気がします。特に、精算は1階で、という形態の店は、上記2店舗以外にも、阿佐ヶ谷、大塚などは静かな店として(その点では)好感が持てます。五反田なども静かです。
例外的に、2階レジがいつも稼動している吉祥寺などは、2階部分も店員がうるさいです。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録