2006年08月31日

在庫水準に関する方針

いわゆる「せどり」系ブログで話題になっていることに関して自分のスタンスを
述べることは、ある意味お約束でもあるので、遅ればせながら書いてみたいと思います。

在庫水準方針は、「在庫を記憶できる水準とすること」です。
売れたときに、どこにあるか、表紙はどんなだったかが思い出せるくらいの
水準にしておかないと、誤出品ではないかと心配になります。

また、本業にするつもりでやっているわけではないので、自分の頭に収まる
範囲を超えての範囲のものを持つつもりはないのです、
在庫が200冊を超えてから、同一書籍を複数冊在庫に持つことが増えたのは、
もしかしたらこのような考え方から来ているのかもしれません。

ちなみに、長期在庫の状況ですが、データとして残してある中での最長の
在庫期間の書籍は、約2年です。でも、そのくらいの在庫期間のあるものは、
半ば自分用に買ったような色彩のあるものが多く、その色合いのないものでは
1年半が最長です。長期在庫は、長いものを中心に、折を見て新古書店に
買取に出しています。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ
2006年08月29日

アマゾンからの入金遅延事件の顛末

普段資金繰りを気にしながら仕入を行っているわけではないので、
アマゾンからの入金が遅延しているかどうかについてそんなに意識したことは
ありませんでしたが、今回は方々のブログで話題になっていたことと、
アマゾンから言い訳のメールが来ていたこととで、時折口座をチェックしていました。

経緯:
8/10 入金のお知らせメール
でも、7/26までの売り上げの分が集計対象になっていたため、普段と違うなぁと
いう印象でした。

8/22 「Amazonマーケットプレイスからのお知らせ」というタイトルのメール着信
さすがアメリカ企業なだけあって、極力自らの非を認めたくない口調がありあり。

「情報の送信にお時間がかかっていたこと」が遅延の理由だと。
要は処理忘れか、処理がどこかのプロセスでとまっていたということ。
「お時間」という表現は日本語をよく知らないアマゾンらしさ。

8/23 入金のお知らせメール(翌月分)
8/29 2回分が同日に入金

入金されたから別にいいですが、やはりトップの驕りがあるのでは、
というのが妥当な評価か。どこか対抗馬に成長してほしいものです。
posted by raoya at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | アマゾン
2006年08月27日

8/27の仕入れ状況

地元のブックオフに行ったら、セールをやっていました。
単行本500円均一、文庫本や新書は200円均一です。
そして500円ごとの福引による金券発行。

さらに、5時前になったら、タイムセールと称して全品20%オフとの
アナウンスがありました。

この店としては、これまでにない出血大サービスです。
店内のアナウンスも荻窪店からスタッフが派遣されているのではないかと
思わせるような、いつもと違うノリ。
多少浮き足立ちましたが、最近在庫が膨張気味なので、普段よりも基準を
甘くするようなことはせずに冷静に購入しました。

特徴的だったのは、タイムセールの20%引きは金券使用分には適用され
ないというアナウンスでした。どうしても使用したい場合は、使用後の
残額に対して20%引きを適用するのではないかと思われる説明を
していました。細かいことを言わなくてもそう変わらないだろうにと
思いましたが…。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月25日

8/22・24の仕入れ状況

神奈川県下のブックオフ4店舗を回りました。

中型店舗3(有馬・多摩川大橋・川崎梶ヶ谷)、大型店舗1(綱島)です。
やはり大型店舗の収穫が多かったのですが、いずれも平日の昼間であったことも
あってか、店は全般的に静かな雰囲気でした。

ただし、必ずしも閑散としていて静かだというわけではなく、店員の掛け声が
控えめな感じがしたからだと思います。

品揃えの方は、普段行く店舗と比較して特筆するようなものはありませんでしたが、
こころもち新書の105円基準が甘くなっていたような気がしました。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月22日

ブックオフの陳列傾向から稀少本発見

ブックオフのレジでよく見かける風景として、
客「この本100円の棚にあったんですけど…」

要は、客が勝手に100円棚に戻しちゃったというケースが多いために
発生する事例だと思いますが、これは100円棚との入り繰りだけでは
ありません。

分野間の入り繰りもかなり発生しています。

ですので、効率はよくないのですが、満遍なく棚を見ていると、普段縁のない
棚で守備範囲の本を見つけることがそれなりの頻度であります。

分野間の入り繰りは、店員が敢えて同じ本を2冊並べて置くのを避けて
関連する複数のジャンルに分けて陳列するケースもあるように見受けられます。

客としては、そのあたりの傾向もよく把握しておきたいものです。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録

8/22の仕入れ状況

吉祥寺のブックオフに行ってきました。
平日の昼間の方がプロの方の比率が高いようですね。それだけ学生や専業者が
いるということなのかもしれません。

もしかしたら、本当の専業者は在庫補充の時間帯なども把握している
可能性もありますね。
なぜなら、最近はなかなかいい本を見つけられないから。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月20日

8/20の仕入れ状況

セールの多い週末と聞いていたので、荻窪・代々木・原宿と行ってきました。

荻窪は単行本2冊1200円、500円ごとに50円のサービス券配布。
原宿は単行本2冊1200円。(いつもやっているような…)
代々木は何もやっていませんでした。

原宿は先週に引き続きだったので収穫は少なかったのですが、3店舗回ったので
適度な収穫でした。というか、あまり収穫が多すぎると持って帰るのが難儀なので。

今年前半以降、持ち手のあるスーツケースを転がしながらブックオフで大量購入を
している人を見かけるようになりました。
最初は何で旅行帰りにブクオフなんぞに行っているのだろうと思いましたが、
まあ中には東京遠征中という人もいるでしょうが、あれは持ち帰り用なんですね。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月19日

8/19の仕入れ状況

上石神井と練馬高野台のブックオフに行ってきました。夏真っ盛りといった
日差しで、こんな日にブックオフなんぞに行っている人はそういないだろうと
考えたのは当たっていましたが、そのような日にこそセールが行われるわけですね。

2店舗ともに単行本500円セールをやっていました。(上石神井は2冊
1000円)

いずれの店舗も久しぶりに行ったので、いい本を見つけることができました。
でも、高野台に入る前に、大量の黄色い袋を自転車の前カゴに積んだ
二人連れを見かけたので、ある程度持ち去られた跡だった可能性はあります。

珍しかったのは、今日は新書を一冊もゲットできませんでした。特に
高野台は250円が平均価格なのでお買い得なのにもかかわらずです。
まあこんな日もあるのだなぁということで。

ちなみに上石神井店!本がどことなく薄汚れてます!もう少しきれいなものを
揃えてください。お願いします。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月16日

8/16の仕入れ状況

吉祥寺のブックオフに行ってきました。今週末は福引だそうです。お楽しみに。

単行本は前回行ってから間があいてないのであまり見るものはありませんでしたが、
新書はそれなりに収穫ありでした。

新書の場合、買って読んですぐ売る人がそれなりにいるのかもしれません。
新しいものでもどんどん入りますので、タイミングさえよければそれなりに収穫が
ありましすし、新しいものは回転もいいような気がします。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月14日

8/14の仕入れ状況

昨日の話ですが、北烏山と原宿のブックオフに行ってきました。

北烏山のブックオフはほぼ開店直後の入店でしたが、午前中のブックオフは
どこでも大抵空いています。ごくまれに「いらっしゃいませおはようございます」
などという声を上げる店員もいたりして、趣きが違いますね。

原宿では時間限定で1000円以上購入者は10%引き&1000円ごとに50円券の
配布をやっていました。久しぶりにたどたどしい外国人店員の場内アナウンスも
聞かれましたが、収穫はいまいち。やはり一定期間を空けて行かないと
在庫が回転し切れていないのでしょうか。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:38 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月10日

8/10の仕入れ状況

阿佐ヶ谷のブックオフに行ってきました。約半年振りです。

この店舗は2フロア使っているのですが、2階のレジは無人になることも多く、
しかも1階のレジはいちばん奥にあるため、万引きが多いのではないかと
思います。
今日も、万引き検出のピピピ音が時折鳴っていましたが、もしかしたら…、
なんて他人事ながら思いました。

この店はあまり相性のいい方ではないのですが、やはりたいした収穫なく
終わりました。どうやら最近陳列のレイアウト変更を行ったばかりのようです。
荻窪店と軌を一にしているのでしょうか。このことも発掘の支障になった
可能性があります。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月09日

8/9の仕入れ状況

吉祥寺のブックオフに行ってきました。

ここ数日売上状況が好転しています。売上状況がいいと、仕入にも気合が入りますが、
今日は高額本を複数見つけることができました。

また、今週末は福引セール実施だそうです。1000円ごとに一回というガラガラを
回すあれです。なんか久し振りなような気がします。年末年始以来?
やはり年中やっていると飽きられるというのがあるのでしょうね。

ちなみに、あの福引の、赤以外の玉の混入率は店によってずいぶん差が
あるように思えますので、福引だからと単純に喜んではいけません。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月06日

8/6の仕入れ状況

武蔵境のブックオフに行ってきました。

最近単行本のレパートリーの広がりがなく、新書の収穫が多いのですが、
今日は発売されたばかりの新書を数冊保護することができました。旬のうちに
買い手がつくかどうかが新刊本の仕入のポイントです。

あの藤原正彦氏の「国家の品格」も今や出品数30、最低価格400円です。
話題の本も同じ考え方が必要ですね。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月05日

8/5の仕入れ状況

大久保と荻窪のブックオフに行ってきました。
梅雨明け後最初の週末ということで外はかなりの暑さでしたが、
ブックオフは新刊書店のようには冷房が効いていなかったので、
長居しても寒くはなりませんでした。
荻窪店の場合は、新刊書店の隣に立地しているので、新刊書店に先に
行って汗が引くのを待ってから入店するという技を使うことも可能です。

今日も仕入の中心は新書になりました。最近は厚さ2センチを越える書籍を
仕入れることはほとんどありません。やはり送料の負荷というのは無視
できないため、高い確率で値幅を見込めるときだけ購入するようにしています。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月03日

8/2の仕入れ状況

気づいたら地元のブックオフに2週間近く行っていませんでした。
で昨日久しぶりに行ってみましたら、目をつけていたけど買わずにいた本が
まだそのまま手つかずで陳列されていました。やはりちょっと閑古鳥が
鳴いているのでしょうか。

ちなみに、私の中心的なターゲットではないのですが、100円棚は、日を
置いていくとそれなりに収穫のあるケースが多く、この日も何冊か保護する
ことに成功しました。

この夏はなかなか暑くならないので、読書日和だと思うのですが、なかなか
世の中的にはそうでもないようですね。暑くなってもめげずにがんばりましょう。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2006年08月02日

北海道での仕入れ

北海道で行ってきたブックオフは、
「帯広西5条店」「星が浦店(釧路)」「公立大学前店(釧路)」
の3店舗でした。いずれも中型店舗です。
他に、東京では見かけない「東京書店」という古書店や
その他郊外型の古書店もいくつか見かけましたが、一店舗だけ
覗いてきました。

帯広西五条店…ハードオフ等との併設。併設店はBGMに違いがあって
気分転換になります。またフロアが広いので開放感もありますね。
3店舗の中では一番広かったです。

星が浦店…夜に行ったせいか店舗の印象は暗め。単行本・新書のスペースは
あまり広くなく、100円棚の状態はあまりよくありませんでした。
中型店といっても小さい方の規模です。

公立大学前店…ここも若干狭め。特段の印象無し。

ご当地本の比率は高いですが、アマゾンで高値がついていることもなく、
あまり遠征のメリットを享受できませんでした。まあ主目的は旅行であって、
その合間に仕入をしたので、それで十分なのですが。

ちなみに帰路に蒲田のブックオフにも寄ってきました。でも疲労の
ためかいい本を見つけられず。
やはり私は、行き慣れた、「どこにどんな本が置いてあるのかが把握できる店」が
得意なのだと再認識した3日間でした。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録