2007年09月30日

9/30の仕入れ状況

原宿のブックオフに行ってきました。
午前中だったことと、雨天だったこととで、閑散としていました。

今日で閉店との張り紙がされていましたが、店員はごく普通に
補充をしており、棚も普通の状態でした。さらに買い取りも
やっていた模様。
閉店後の在庫をどうするつもりなのか、ちょっと不思議でしたが、
相模のほうの倉庫?かどこかにまるまる持ち込むのでしょうか?

ちなみに、レジで「ありがとうございました、またお越しくださいませ」
と言われましたが、「お前の店は今日で閉店じゃなかったのかよ!」と
突っ込みたくなりましたね。
きっとこの店員はそのあと誰かに指摘されていることでしょう。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月29日

9/29の仕入れ状況

武蔵境・田無と地元のブックオフに行ってきました。

いずれも昨日と2日間実施のモバイル会員限定全品20%オフセールの
対象店舗です。
また、あらかじめ会員登録していなくてもその場で登録すれば、
メールが送られてきていなくても割引適用されるという、
登録済み会員の既得権をないがしろにする制度がまたもや
適用されていました。
でもこれは店舗側からすれば当然のアイデアなのかもしれません。

ティーポイントは今のところ加入する予定はないので、今後も
モバイル会員向けサービスを充実してほしいものです。


で、肝心の仕入れのほうですが、予想通りというか、あまり
大物をゲットすることはできませんでした。
まあ、期末商品在庫の圧縮という決算対策ですから、ある程度は
覚悟していましたので、こんなものかという感じです。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月27日

AMAZON売れましたメールの内容変更

現在アマゾンからの「出品商品が売れました。今すぐ発送してください」と
いう英文直訳風タイトルのメールには「発送ラベル」と「納品書」が
ついていて、私もこの部分を発送に利用していたのですが、
10月23日よりその部分がなくなります。
アマゾンのサイト内の以下のページで告知されています。

http://aws.typepad.com/marketplace_jp/

理由には「個人情報の保護」とありますが、主目的は、位置づけの
あいまいな「納品書」の廃止、ではないかと個人的には思っています。

これを機に私も「発送ラベルと梱包明細書を印刷する」ページを
利用して発送を行なうよう踏ん切りをつけました。
印刷方法はもちろん「秀丸エディタ」です。
フォントサイズ9くらいで印刷すればA4サイズ1枚に3件打てるかな?

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | アマゾン
2007年09月26日

9/26の仕入れ状況

飯田橋のブックオフに行ってきました。

この店舗は1階には105円棚がなく2階が105円の中心なのですが、
2階フロアの「臭い」が明らかに1階のそれと異なっていました。

以前オープンの頃に行った時には気づかなかったので、その後
数ヶ月の間に染み付いた臭いなのだと思いますが、この
「臭気の発生源」が105円棚だったということが、
今回の経験でほぼ特定できました。

まあ、定価の半額〜6割で売られている本のうちの一定の比率は
新刊本屋が返品する代わりに持ち込んでいる新品相当物らしいですので、
そんな臭いが発せられる比率は低いと思いますが。


また、この店舗にはティーポイントカードの申込書と記入用の台が
設けられていました。誰も見向きもしていませんでしたが。

この、個人情報を晒した上でダイレクトメールがふんだんに
送られてくるらしいティーポイントカードのシステムは、安易に
加入していいものなのかどうか、疑問符がついています。
しかも還元率は1%という、まさに「ハイリスクローリターン」の
代表格といってもいいようなシステムではないでしょうか?

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月24日

9/24の仕入れ状況

荻窪・吉祥寺のブックオフと吉祥寺の古書店に行ってきました。

買い取り価格UPキャンペーンをしているせいか、どの店も
買い取り査定終了の店内アナウンスを頻繁に耳にしました。
これは実に久しぶりのことだったで、店や時間帯によっては
まだまだ潤沢な買取需要があるということなのでしょうか。

荻窪ではモバイル会員向けに単行本2冊1200円という
セールをしていたのですが、久々に「古書仕入れ界のモバイル会員」
(すなわち携帯サーチ使用者)数名と居合わせました。
こちらについても、店や時間帯によってはまだまだ潤沢な仕入れ需要が
あるということになるのですね。

あと、吉祥寺店は従来は1階はコミック・CD・DVD・ゲームのほか
新書コーナーがあったのですが、新書コーナーは2階に移されて
いました。その分何のコーナーが広がったのかはわかりませんが、
狭まったのは洋書ではないかと思います。

人気blogランキングへ

posted by raoya at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月22日

9/22の仕入れ状況

木場、門前仲町と地元のブックオフに行ってきました。

地元以外はいずれの店舗も久しぶりであったせいか、満足の行く収穫を
得ることができました。

ふだんは単行本・文庫新書しか見ていないので気づかないのですが、
最近行った調布店や今日行った門前仲町などはやけに子供で賑わっているなと
感じるのですが、理由は単行本コーナーを見ているときにコミックの間を
すり抜けなくてはいけないからだったのですね。コミック棚のあたりは
普段はあまり通らないので、賑わい度の落差に無頓着でした。

各店舗ではティーポイントカードの先行手続きを開始しているよう
なのですが、このカード、加盟企業が少ないばかりか、ちょっと
あまり行きたくないような会社が多くありませんか?

申し込みは別にいいのですが、後日制度が空中分解するようなことの
ないようにしてほしいものです。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 19:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月19日

9/19の仕入れ状況

荻窪のブックオフに行ってきました。

前回行って以来少し間が空いたのですが、またレイアウト変更が
されていました。また、店内の照明(蛍光灯のことですが)が
少しまぶしかったような気がしました。
ただ、これは、入店前に電車で寝ていたせいかもしれません。

200円棚はすっかり定着していますが、あきらかに105円棚の
店とくらべると商品の質はまともです。もしかしたら補充直後なの
かもわかりませんが、105円棚を得意としていない私が、
1000円クラスの書籍を次々にピックアップできるくらいの
充実ぶりでした。

この調子でがんばってほしいものです。

でも、某掲示板には、買取が前年比78%だなんて書いてありましたし、
在庫が新店舗(白金)用に流出しているかのせいもありますので、
厳しいかもしれません。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月16日

9/16の仕入れ状況

小規模店舗を中心としてたくさん回ってきました。
中目黒、池尻、三軒茶屋、太子堂、世田谷区役所、調布と
6店舗も回ってきました。

いずれの店舗からもそう多くは仕入れませんでした。実は、特定の
何冊かを重点的に探したのですが、ほとんど見つけることが
できませんでした。

ちなみに、単行本に関係するセール状況ですが、
世田谷区役所と調布は1000円で50円の券を出していました。
また、調布は単行本500円均一セールもやっていました。
でも、全体的には、買い取り価格のアップを前面に打ち出していた
ようですので、来週あたりは在庫状況が好転してくるかもしれません。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月15日

9/15の仕入れ状況

地元と大泉のブックオフに行ってきました。

大泉のブックオフへは半年振りでした。小規模であまり相性も
よくない店舗なのであまり行かないのですが、たまに行くと
守備範囲の書籍が105円で放置されていたりすることがあるので、
面白いものです。

とはいっても、あまり収穫量は多くありませんでした。


今日地元で仕入れた、発売後日の浅い書籍で、お勧め本の紹介が
載っている箇所があったのですが、その中に、最近新刊仕入れで
続けざまに売れていた本が含まれていました。
もしかしたらここが震源地だったのかと思うと、感謝の気持ちで
いっぱいです。(大げさ)

このような目の付け所もあるのだなと、参考になった次第です。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月13日

このブログにコメントが少ないわけ

今回は仕入れとは関係ない話題です。

さきほどコメントにレスポンスをつけてきたのですが、
このブログは同種のタブログと比較してコメントがほとんどついていません。
特についたコメントを無視しているわけではなく、スパムや
宣伝まがいのもの以外にはコメントを返しているのですが、
なぜ少ないか、わかりますか。

それは、私自身が他の同ジャンルブログにコメントを付けに
行っていないからではないかと思っています。

私は、ふだんは、人気blogランキング一位の”あの”サイト以外の
サイトのコメントを読むことはないのですが、まれに読むと、
ブログを持つ人同士がお互いにコメントをつけあっているのですね。
なのでコメント欄が盛り上がるのです。

そのこと自体には是非を述べることはしませんが、私は、
コメントというのは一度連続でつけ始めると、途中で抜けられなく
なり苦痛になる恐れのあるものだと思っているので、
あまり付けに行くことはしていません。ですので、自分のブログに
あまりコメントがつかなくても淋しがらずに淡々と書いていくつもりです。

でも、ついたコメントにはきちんと返事をつけていきますので、
お気軽にどうぞ。
でも、「応援ぽち!」だけの人からのコメントはいりません。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ
2007年09月12日

9/12の仕入れ状況

今日は涼しく仕入れしやすい環境でした。阿佐ヶ谷のブックオフに
行ってきました。

新しいポスターが張ってありましたが、ティーポイント導入当初には
付加するポイント率を倍にするのだそうです。とはいっても、
従来の黄色いカードで5%だったわけで、1%→2%というのは
あまり宣伝効果にはなりませんね。

せめて5%くらいを打ち出して新規会員を獲得するか、
他社でためたポイントを使ってもらうようにするかくらいの
キャンペーンをすべきではないかと思います。


ポイントの渋さの観点では、販売よりも買取に影響が大きいと聞きます。

巷では、買取時に付与されていた10%のポイントがなくなったことで
買取が大幅に減っているという噂を聞くので、在庫の劣化は
もしかしたら中長期に及ぶ可能性もあります。

「ブックオフは本を売りにいく場所ではなく、捨てに行く場所」
であるというキーワードはじわじわと浸透してきていますから、
大口の出張買取以外ではなかなか補充が効いていない可能性も
あります。

これまでは秋から正月にかけては結構仕入れてきているのですが、
果たして今年はどうなることやら。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:42 | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月09日

9/9の仕入れ状況

武蔵境・地元のブックオフと、地元古書店に行ってきました。

武蔵境は1000円につき50円のクーポンを出していましたが、
目に留まるものはあまりありませんでした。昨日書いた状況がまだ
変わっていないということなのでしょう。


仕入れで目ぼしいネタがなかった時には売上げ近況を書くのですが、
一部には売上げが落ちているという話もあるようですが、こちらでは
特に落ち込みはありません。新品在庫切れ商品を扱っていることも
ありますが、それを抜いても大きな落ち込みにはなっていません。

とはいいながらも在庫水準からするともう少し売れてもいいかなぁ
と感じてはいます。中旬は多少落ち込むことが懸念されます。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月08日

9/8の仕入れ状況

少し遠出をしてきました。行き先は、浅草稲荷町、北千住、竹ノ塚、
4号足立保木間のブックオフです。いずれも半年くらい前に1回だけ
行ったことのある店舗で、前回遠征時以降間が空いたので
ポイント回収を兼ねて巡回してきました。

結果としては、いずれの店舗も渋めで、セールらしきものもなし。
交通費が無駄になりそうな予感がしていますが、在庫水準が高いので
転売界のホメオスタシスが働いているのかもしれません。
もうちょっと売れて在庫が落ちるまで仕入れを控えろ、といった
天の声がしているのかな、なんて。


それにしても北千住の店舗は、中型店舗で単行本スペース極狭にも
かかわらず大型店舗並みの店内スタッフの盛り上がりぶりで、
閉口してしまいます。

これだけ盛り上がれるのだったら、1階2階のTSUTAYAの
敷地を乗っ取って町田並みの規模の店舗に昇格してもらいたい
くらいです。
まあおそらく行く機会がないのではないかとは思いますけど…。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月05日

9/5の仕入れ状況

吉祥寺のブックオフに行ってきました。

昨日亡くなった瀬島龍三氏の著書を105円棚でゲット!
他にも、心なしか105円棚にきれいな本やISBNが13桁の本が
目立つような気がしたのは、買取キャンペーンに合わせて増えた在庫を
背景に、自称「大幅値下げ」を行なっていたのでしょうか。

その結果、久しぶりに105円棚ばかりから買って帰ってきました。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月03日

在庫僅少新刊書籍仕入れ

先週から、とあるアマゾンの新品在庫切れ書籍を新刊仕入れしています。
何かの契機で高齢者と思われる購買層に火がついた模様で、少し前まで
1000円程度だったマーケットプレイス相場が、あれよあれよと
いう間に高騰していき、出品の残点数もどんどん少なくなっていきました。

このような現場に居合わせることは時折あるのですが、私の居合わせた
過去事例を振り返りますと、
「日本人の死に時」
「拒否できない日本」
などは一般書店には比較的在庫があったので仕入れが楽だったのですが、
「初心者にもできる大バケ株を掘りあてる3つの法則」
「超やさしい株価チャートがスラスラ読める本―売り時・買い時をつかむ! 」
などは在庫切れ直前だったので書店を見かけるや必ずチェックをしては
仕入れていました。

今回のものは特定の書店には在庫があるようなので、旬の過ぎないうちに
確実に刈り取ろうと思っています。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ
2007年09月02日

9/2の仕入れ状況

新宿靖国通り、代々木、原宿のブックオフに行ってきました。

新宿靖国通り店のブックオフへは初めて行ったのですが、
小型店舗ということもあり、あまり期待してはいませんでした。
たまたま新刊品薄本を新宿の書店で入手したので
足を伸ばしてみたのですが、店内では1000円につき50円の
クーポン券を発行していました。
マンションの一階というつくりなのですが、意外と奥行きがあり、
そのかわり携帯電波は入り口付近のみ、という仕入れ環境。
小型店の期待はなんとか上回る収穫となりました。

代々木はついでに寄った程度だったのですが、原宿はもしかしたら
今日で行くのが最後になるかもしれないので、多めに仕入れてきました。
店の前で50円引きのティッシュを配っていたのでちゃっかり
受け取っての参戦です。

前回確かレイアウト変更がされていたのですが、どうやらそれは
途上だったようで、前回のレイアウトともまた変わっていました。
とはいっても2ヶ月ぶりの来店ですので変わってからそれなりに
日がたっているかもしれません。
大きな変化は、新書がレジそばのいい位置に移動していた点と、
105円がすべて200円均一になっていた点です。


大型店舗中心に導入されている200円棚の特徴は、「きれいだが、
値崩れ(ブックオフ的に見れば在庫過剰)しているものが多い」
ということです。
おそらく、以前は、きれいな状態のものは高いままでも売れたのに、
最近は一読してすぐ売られる本が増えてきて、きれいな状態で
在庫過剰になりやすくなってきたのでしょう。
アマゾンマーケットプレイスが値崩れするのと同様、
ブックオフ店頭でも同じような値崩れが起こっているとみています。
で、値は崩れていても「状態はよい」ので、200円で売っても
受け入れられるのでは、ブックオフ側は期待しているのでは
ないかと思っています。
これからは、「105円棚は汚くて在庫過剰」、「200円棚は
キレイで在庫過剰」のものが中心だと思っておけばいいと思います。


昨日モバイル会員向けに買取キャンペーンの告知が送られましたが、
9月に2回ある3連休を中心に買い取った商品を使ったキャンペーンが
繰り広げられるのではないかと思います。
9月のブックオフの中間決算に向けて、スパムメールの飛び交う
日々が続きそうですね。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2007年09月01日

ブックオフは定価の6掛け以上の価格で売るようになるか

ブックオフは、会員カードを「Tポイント」なる共通ポイントカードに
変更する
ことや、モバイル会員という囲い込み制度の導入など、
従来ビジネスモデルからの変化が見受けられます。

割引方式の変更は購入者サイドから見ればデメリットだというのは
共通認識になってきていると思いますが、
私は従来の5%クーポンは「発送経費に見合う額」として
大雑把に捉えていて、そう意識していませんでした。


それよりも、私にとっての注目ポイントは、現在各店舗が標準値付け
方式として採用している、たとえば
1.定価の6掛け
2.消費税抜き半額&50円未満切り上げ
3.新書は一律350円(一部250円)
4.単行本価格上限は950円
といった方式の上限を、各店舗が撤廃していくかどうかという点です。

たとえば従来2を採用していた店舗の一部(大型店など)は1を
採用するように変わってきていますし、3や4を採用している店舗も
徐々に減ってきています。

上記値付け方式は、アマゾンに在庫がある書籍の場合にどうにか
送料差益を含めて採算が合う仕入れも可能なラインなのですが、
現行の値付け上限が撤廃されてくると、仕入適合商品が激減し、
プレミアム価格でないと利鞘が取れなくなるという懸念があります。


このことを考える上で考慮しておくべきポイントがひとつあります。

それは、インフレです。

最近の人は知らないと思いますが、石油ショックの時代には物価が
どんどんあがりました。もし今後紙の製造コストが上昇した場合、
新刊本の値上げという事態になる可能性があります。その場合、
同一タイトルの書籍であっても、新古書店内在庫書籍のカバーに
表示されている価格と最新の版のカバーに表示されている価格とに
差が出るわけですが、それを新古書店がどのように取り扱うかに
関心があります。

おそらく、従来方式以外の値付けはできないのではと思いますので、
チャンスとなる可能性が大きいのではと期待していますが。
逆に物価上昇分を一律に織り込んで「定価の7割」、といった
乱暴な値付け方式に変わってしまう恐れもあるので、要注視です。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ブックオフ