2008年10月27日

10/25の仕入れ状況

渋谷・阿佐ヶ谷・荻窪と地元のブックオフに行ってきました。
本来であればセール中の店に行けばいいのですが、都合で
セール店ばかりというわけにもいかず。

ただ、地元で発行から日の浅い本を複数点数掘り出してきたので、
他店はそれほどの収穫ではなかったもののそんなに無念感は
ありませんでした。


以前他所で目にしたのですが、仕入れる本のジャンルについて、
手に取る基準のひとつに、「自分が興味のあるものであるか」という
尺度か、そうでないか(たとえば「純粋に稀少感が漂っているか」
などだと思います)、というのがあります。私の場合前者の要素が
かなり強いのですが、完全に商売と割り切っている場合には
仕入れた本に愛着のようなものはないと思います。
ここらへんが趣味と生活の違いでしょうが、趣味ならば趣味で
その枠の中で楽しめばいいのだと思っています。

たとえば、「いろいろな店に行く」とか「店員と仲良くなる」とかいうのは
趣味の延長であるし、何の後ろめたいものでもないと思います。
私は仕入れ行為を行なうことで読書の選択肢が広がっていると
思っているのですが、趣味で買ったものと仕入れとして買った
ものとはできるだけ区別したいと思っています。

というのは、読みたい本でもAMAZONで最安値が1円とかだったり
すると買うのをためらってしまうような行為は愚かしいなぁと
思っているのです。
読みたい本を読むのに、最安値で買わなくたっていいではないですか。

人気blogランキングへ

posted by raoya at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2008年10月18日

10/18の仕入れ状況

代々木と吉祥寺のブックオフに行ってきました。

代々木は朝の空き時間を利用して寄ったのですが、例によって収穫無し。
吉祥寺はモバイル会員向け20%オフを利用した購入でしたが、
高単価のものが見つかり、セールに適した結構いいものを入手できました。

ただ、いつ売れてくれるかが大事なので、あまり喜ぶような
状況であはありませんね。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2008年10月17日

10/15,17の仕入れ状況

15日には秋葉原の、17日には荻窪のブックオフに行ってきました。
荻窪は先週も行きましたが、↓の本を読みたかったので買いついでの
仕入れです。ちなみにこれは仕入れ適格というわけではなく、
純粋に読みたかっただけです。



仕入れは特段目だったものはありませんでしたが、最近は売上げが
やはり厳しいです。
株の連日の急落による影響がブログでも語られていますが、
株の急落で直接影響があるかも知れないのは投資家向け書籍ですね。

でもマネックス証券などは新規口座も順調とのことですので、
悪影響かは不明です。

それよりも、不動産業種や対米輸出を中心とする企業に勤める人の
消費意欲の減退の影響のほうが大きいのではないかと思っています。
薄利多売本はまだよくて、高額本の売れ行きが落ち込む可能性を
懸念しています。

逆に、読書は安いレジャーだという考え方もできるので、これは
好材料。結局どう考えるかは気持ちの持ち方次第なのかもしれません。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2008年10月13日

10/13の仕入れ状況

北烏山と吉祥寺のブックオフに行ってきました。
いずれの店舗もセールをしてはいませんでしたので、細々とした
仕入れとなりました。
10月にはいって値札の色が変わったので、赤い値札の105円を
チェックです。

北烏山店は単行本の上限価格設定が低めに抑えられているのですが、
本の陳列も表紙を手前に向けた陳列の比率が高いために、陳列点数も
低めに抑えられています。
最近ぱっとしないので、もう少し頑張ってほしい店舗です。

吉祥寺では仕入れに精を出している人を複数見かけました。
このような人たちの一部は雇われて仕入れをしているらしいですが、
雇われて仕入れするのは面白いのでしょうか。特に固定給・時間給で
ない場合、雇われるメリットはあまりないと思うので、
どんな気持ちでやっているのか首をひねります。

なお、吉祥寺店の2階の蛍光灯のうちのひとつが風前の灯に
なっていましたが、いつ交換されるかが見物です。店内スペースの
切れた蛍光灯をなかなか交換しないのはブックオフのお家芸ですから、
今後店に行くときはチェックしていきたいと思います。

ところで、外国人作家のコーナー前の点滅している蛍光灯を数ヶ月間
放置し続けている(9末現在)練馬高野台店は、あれ以降どうなった
でしょうか。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2008年10月11日

10/10,11の仕入れ状況

10日は荻窪の、11日には新宿靖国と白金のブックオフに
行ってきました。新宿靖国は単行本500円均一セール中です。

荻窪は平日夜だったので静かでしたが結構いい本が残っていました。
でも昨今の状況から金融商品関連の書籍の売上げはしばらく
厳しいかもしれません。

アメリカ金融安定化法案の下院迷走以降の株式相場の乱高下を見ると、
もしかしたら最悪の場合、従来の枠組みの金融制度が遠からず
崩壊する可能性もありえないとはいえないので、その場合には
これらの商品に関連した書籍は歴史家以外にとっては価値を
失ってしまいます。
もしそうなったら、総じてブックオフでの買い取りコースに直行ですね。
本の内容や価値に関わらず何でも買い取るブックオフはこのような
ときには強い味方です。


新宿靖国は、全般的には刈り取られた跡のような感じがしました。

白金は開店後一回行ったっきりでしたが、今回行ったところ、200円棚
が1階に移っており、B1Fに洋書コーナーが大々的にできていました。
もしかしたらしばらく前からあったのかもしれませんが、この感じだと、
店員にも洋書のカテゴリについて知識のある要員をそろえた
のかもしれません。英語、フランス語、中国語の書籍がありました。
しかしながら、そのエリアには客があまりいませんでしたので、
他店で買い取った洋書を白金に集めてイメージ作りをしている
だけなのかもしれません。

あと、これは推測なのですが、買取申し込みをした客にブザーの
ようなものを渡して、計算終了の呼び出しをそのブザーで行なっている
ように見受けられました。携帯電話大のあまりきれいでない機器を
持っている客を複数見かけたからです。
これはいい試みかもしれませんね。白金は店内の宣伝アナウンスを
していなさそうでしたので、それにマッチするローカルルールかも
しれませんが。

でも、洋書コーナーの拡充のせいで単行本コーナーは中規模店
並みになっています。これではわざわざ行くメリットはないかな。
今後も巡回コースに加わることはなさそうです。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2008年10月05日

10/5の仕入れ状況

大森と五反田のブックオフに行ってきました。

この2店舗は大型店ですが強気の値付けで知られている店舗です。

大森のブックオフは店員のユニフォームが黒になってからできた店舗で
エリアに似合わない雰囲気の店なのでどうかと思っていましたが、
割と落ち着いた雰囲気というか、客が入っていないというか。

五反田のブックオフは、以前「見つけたら目をつぶってでも買え」の
合言葉で知られていたパンローリングの書籍がたくさんありましたが、
そのほとんどが1000円未満の時価に下落していました。
やはり、みんなが目をつぶって買ってしまうと、値崩れするようです。


どこかのブログでは各店舗の棚の数を把握して仕入れに利用して
いるようなことが書いてありましたが、そのような数値を
頭に入れておくことはそれなりに重要かもしれません。
棚数で仕入れ所要時間の目安をつけることもできるでしょうし、
今度暇なときにやってみようかな。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2008年10月04日

10/2,4の仕入れ状況

2日は飯田橋、4日は地元と武蔵境のブックオフに行ってきました。

セール集中月を越えたのでしばらくは枯れている覚悟は
できているのですが、まあ当たらずといえども遠からずといった
ところです。
棚に空きが見られるのは、セール後の補充が不十分なのでしょうね。

最近のブックオフは、清水国昭のナレーションの店内放送がなくなり、
そのかわりに、何を言っているのか聞こえづらい店内放送にかわり
ましたね。このおかげで、多少はざわざわした雰囲気が緩和されたのでは
ないかと、好意的に受け止めています。

あとは、店内を走り回るのと、うなされたみたいに10秒おきに
「いらっしゃいませこんにちはー」を空気に向かって言うのを
やめてもらうことがポイントではないでしょうか。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録