2009年06月26日

6/18〜26の仕入れ状況

今週は、関東北部のBOでの仕入れに行っています。
遠征というわけではなく、出先立ち寄りでの仕入れなのですが、
なかなか普段行く機会の無い地域や時間帯に行く機会を持つと、
新鮮な感じがします。

以前旅先で仕入れを行ったときは仕入れジャンルの範囲が現在よりも
狭かったのですが、今回はジャンルも広がったので、いろいろな
傾向を感じることができました。

やはり、地方であるほど、出版から日の浅い書籍、特に雑誌の
品揃えは都心部の店舗にくらべて見劣りしているようです。
また、回転が速くないのか、値札シールも色の異なるものが多く、
何枚も張られている「値下げを見送った」書籍も目立ちます。

そのような中からロングテール商品を発掘するのが醍醐味なのでしょう。

今回は、普段の仕入れよりもディスク系の仕入れの比率が高かった
ように思われます。
ここら辺に何らかの法則性でも見出すことができれば、仕入れに
役立てることができるのかもしれませんが。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:51 | Comment(0) | TrackBack(1) | 仕入れの記録
2009年06月17日

6/13〜17の仕入れ状況

最近のブックオフの店舗ですが、私に限った話では、ここのところ
めっきりセールをやっている店に当たらなくなりました。
本部からセールの乱発を禁じられているというウワサも見聞きしました。

まあ、週末には一部の店舗ではセールをやっている店もあるようですが。

個人的には、予告セールで朝一で落下傘部隊に刈り取られてしまった
あとをついばむよりも、じっくりと棚を見ることのできる非セール
環境の方が落ち着いて取り組めると思っています。

セールとは、ある意味、実店舗の在庫を一気にアマゾンマーケット
プレイス等のオンライン店舗に移動させる装置なわけですから、
たとえ自分がいい仕入れができたとしても、
その仕入れ品を一時的に供給過剰となる確度の高い市場に投入する、
苦しい戦いとなります。
結局安く買っても安く売れていくのであれば、旨みも半減。

というわけで、巷でセールをやって自分が行かないことよりも、
巷でセールすらやらない方が自分にとって有利、という結論に
なりました。

まあもちろん市況品に限定した話です。
もともと品薄なものに関しては供給過剰となる余地が少ないので、
セールであろうが何であろうが安く買えるに越したことはないですね。


先の週末は、あまり行く頻度のない店舗に行ってきました。
先日行った中野と同一フランチャイズの高田馬場の2店舗、
大塚のブックオフです。
大塚は以前ある用事の時に寄っていたのですが、その用事が
なくなって以降数年ぶりの利用で、レイアウトも全く
変わっていましたが、仕入れられないことと、電波の入りの
悪いことは変わっていませんでした。

成長していないなー。反省。

人気blogランキングへ

posted by raoya at 21:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2009年06月12日

6/4〜12の仕入れ状況

先週金曜日には雨の中を錦糸町のブックオフに、土曜日には
中野早稲田通りと東中野の「一味違う」ブックオフに行ってきました。

相性のよくない錦糸町のブックオフに平日の雨の中行ったのは
わざわざ行ったわけではなく、こういうの↓を見に行った帰りに
寄ったのでした。

http://www.triphony.com/concert/list.php?sch_date=200906#p5


最近、仕入れの頻度は上がっていますが仕入れの基準も上がっていて
そのうえ仕入れのレパートリーが向上していないので、在庫の状況が
向上していない状態が続いています。

売れないとまではいかないながらも、新しいジャンルの仕入れ元が
広がっていないために、売上げ単価がぱっとしていません。
値付けが厳しいのか、高い値付けのものに回転の悪いものしか
残っていないのか、まあいろいろな要素があると思いますが、
マンネリ化に陥りつつあるので、ちょっと視野を広げなくては
いけない時期なのかもしれないなと思っています。


何にでも言えることですが、先行者利益というものは存在するものの、
そこからの収穫を当てにしていると次第に裁定が機能するように
なっていって、ジリ貧になりますよね。そうなる前に次なる
収入源を軌道に乗せておく必要があるわけです。

そんな大層なことである必要はないと思いますが、でも、貧すれば鈍する。

軌道に乗せるための考察がわくわくしないのであれば、別の収入源を
探した方が向いているのかもしれません。軌道探しにわくわくする
日々を再び。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 23:22 | Comment(2) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2009年06月08日

古書チェーンの趨勢

ちょっと前ですが、私の地元にも何店舗かある古書チェーン
「ブックアイランド」が先月自己破産していました。
http://www.shinbunka.co.jp/news2009/05/090527-02.htm

もともと頻繁に行っている店ではありませんでしたので現在
どのような状況なのかはわかりませんが、フランチャイズが
中心の店舗展開でしたので、そのまま各店舗は独自に営業を
続けるのでしょうか?

ブックアイランドのような古書チェーンは、アマゾンでも
店舗名を晒して併売を行っており、ある意味便利な使い方ができるかも
と思っていたところでしたので、今後このような形態のフランチャイズ
型の古書チェーンがどのようになって行くのかには多少関心があります。

ちなみに私が行く機会があるのは、他に、ブックマートや
ブックセンターいとうなどがありますが、意外にいつのまにか
閉店していたりするケースがあるのではないかと思っています。

ここしばらくは、ブックオフのような数で圧倒するチェーン以外の
特徴のないフランチャイズのチェーン店は淘汰され、こぢんまり
したブティック型の古書店がはやっていくのかもしれません。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ
2009年06月03日

5/27〜6/3の仕入れ状況

週末に、普段あまり行かない方面に用事があったので、浜田山と
幡ヶ谷のブックオフに行きました。
いずれもあまり行ったことのない店舗です。

浜田山のブックオフでは、ずーっと目をつけていたにもかかわらず
一度もお目にかかっていなかった文庫を入手することができました。
実は、少し前に開催された情報交換会(!)でその本のことを聞き、
目のつけどころがずれていることを知ったのでそのおかげもあります。
やはり情報交換には意味がありますね。

幡ヶ谷では雑誌中心に購入。というか、単行本があまりとれなかった
せいなのですが…。
近隣にブックマートもありました。お近くに立ち寄りの際にはどうぞ。


アマゾンが購入者からのカード引き落としを出品者の発送時に
行うよう仕様変更をすると予告しており話題になっています。
カスタマーセンターから言質をとった内容が公開されていますが、
これはあくまでも「現時点での予定」だと思っておいた方が
いいかもしれませんね。
予告無しの仕様変更はアマゾンの得意技ですから。

でも、カラ出品し放題は何とかしてもらわないといけませんね。
あと、資金繰り目当てでカラ発送通知をしてしまう人も
いるかもしれませんね。
また、発送代行業者の仕組みは知りませんが、そういうのを
使っている人には支障はないのでしょうか。

いろいろ考えると、すぐに移行はできなさそうな。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録