2010年01月24日

ブックオフのセール乱発への対策

ここのところ、ブックオフは頻繁にセールを打っています。
モバイル会員向けメールの頻度も上がったような気がします。

ブックオフのセールに関しては、「安く仕入れられる」「普段仕入れ
対象ではない棚が仕入れ対象になる」という観点で歓迎する意見と、
「出品競合が増える」という観点で歓迎しない意見とがあります。

この、「出品競合」の増加の影響は、どのような商品について大きく
出るものであるかを考察してみました。
(前提として、仕入れの2倍以上で売れるものを仕入れ適格とします)

【ケース1】単行本均一価格(500円・600円・2冊1000円など)
プロパー価格では仕入れ対象にはならないが、セール価格では仕入れ
対象になる最安値価格帯の商品の競合が増えます。
すなわち、最安値が1000円〜定価(通常仕入れの2倍。新品在庫切れを想定)
以下の商品が最も影響を受けそうです。

【ケース2】単行本半額セール
これも同様で、定価の1/4程度の仕入れ価格になるわけなので、
最安値が定価の半額〜定価以下の商品が最も影響を受けそうです。


以上のことから、ブックオフが定価のおおむね半額で売っている商品で、
セールによりAMAZON最安値価格に下値圧力の影響を最も強く受ける
最安値価格帯は、「定価よりもある程度下の水準」ということになりました。

一方、超回転本(最初から定価の半額以下で売ることを想定した仕入れ品)や
定価超えの商品はセールによる出品供給過多に対する耐性が強い
という結論になりました。


このことを意識しておくことで、セール集中時期に少しは対策が
打てるのではないでしょうか。
ご意見がありましたらお寄せください。

人気blogランキングへ
posted by raoya at 21:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの工夫
2010年01月23日

1/14〜23の仕入れ状況

比較的自由がきいたので、多摩方面、横浜方面、所沢方面、城南方面と
いろいろ仕入れに行ってきた一月中旬でした。

そのうち初めて行ったブックオフ店舗は所沢の1店舗ですが、
ブログランキングの上位の某ブロガー様の記事でも紹介されている
新所沢の店舗です。

さすがにセールの翌日に行くと収穫は少ないのですが、
セール対象分野ではないものが意外に残っていることがあるので
その点はうれしいですね。


最近、ブックオフで、特に大型店舗で見られた変化。
1)成人誌コーナーの左右にちょっとした意図せず視界に
入らないようにするための目隠しがついた店が多いような。
何らかの指導が入ったのかもしれません。
でも、児童書の近辺にコーナーが位置していたりと、結構いい加減、

2)店内見取り図で見やすいものが店内各所に掲示されるようになった。
これはとてもいいことですね。
以前はブックオフは頻繁に棚のレイアウト変更をしていたので
このようなことをしても賞味期限が短かったせいもあるのでしょうが、
これはそういうことに関係なくぜひとも継続すべきです。

JRも(東京駅の場合ですが)駅構内の案内板がこのところ
充実してきているので、負けずにやってほしいところです。

3)高価買取品リストのチラシが大きい
邪魔なので、入れないでほしいです。
ブックオフには、「売り専の客」と「買い専の客」がいるのであって、
(立ち読み専というのもいますが)
「売りつつ買う客」というのは特に大口ではあまりいないんじゃ
ないかと思いますが、どうなんでしょう?

勝間和代さんはどんどん買って読んで読み終わったらブックオフで売ることを
推奨していましたが、勝間さんが読む本をブックオフで買っているとは思えず、
たくさん売る客は新品を買っているのではないですかね?
もしそうであれば、買い専の客に買い取りリストを渡しても
意味がないわけです。
そこらへんの分析をよろしくお願いします。>本部スタッフ様

人気blogランキングへ
posted by raoya at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2010年01月13日

1/1〜13の仕入れ状況

みなさま、新年あけま…って遅すぎですみません。
特に何か取り込んでいたわけではありませんが、年が明けてから
書いていませんでしたので、月も半ばですが本年最初の
エントリーを上げておきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いします。

先のエントリにも書きましたように、今年は無闇に仕入に
行くのではなく、一回の仕入での内容の充実を図ることに
シフトしようと考えていて、特に巡回頻度の高い店舗については
その頻度を落とそうとしています。

その代わりというわけではありませんが、いろいろ周辺の
環境整備に取り組んでいます。

その代表がフルフィルメント(FBA)移行です。

とはいっても一気に全切り替えすることは難しいので、正月休みや
週末などを利用して、商品の範囲を決めて、少しずつ切り替えて
います。

フルフィルメントは、居住スペースに在庫を収容するスタイルで
梱包要員を雇わずにマーケットプレイスで売っている人にとっては
都合のよいシステムです。
逆に、梱包要員や収容スペースを契約して確保していて、その契約を
簡単に解除できない出品者は、すぐにはフルフィルメントに
参入してこない可能性があるため、当面の先行者利益を
享受できる短い期間を噛みしめているのが最近の状況です。

まあ、先行者利益は直になくなるものですので、あまり浮かれないように
しなくてはいけないと思っていますが。

私にとっては、フルフィルメントへの切り替えは、単に先行者利益を
享受する目的ではなく、制度変更(もしくは選択肢の拡充)に
遅滞なく対応する練習のようなものとしてとらえています。
制度変更に対していつも待ちの姿勢でいると、それだけビジネスチャンス
(新制度の持つ鮮度という時間価値)は失われますし、対応しなくては
いけないたぐいの変化であってもそれへの対応力が鈍化します。
それは積み重なれば致命的なことにもなりうるものですので、これを機に、
制度対応を自力で行うことを習慣化していきたいと考えています。
(まーでも先行者の経験を真似るのは、なんといっても楽ですからねー、
との悪魔の声もあったりなかったり…)

人気blogランキングへ
posted by raoya at 22:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 仕入れの記録