2014年10月26日

仮装と仮想、たまに家相

25日 東武線沿線等 3店舗
26日 京王線沿線等 5店舗

土曜日には、これまでよりも足を伸ばして店舗を新規開拓してきました。
感想ですが、同方面エリアの知っている店舗と似た空気を感じました。
店舗は大きめで在庫もたくさんあるようなのですが、棚の空気が
淀んでいて取れるものは少ない感じ。
この空気は、仕入目的の利用者は多い一方で、買取品の品揃えがそれに
追いついていないことで作られるものなのではないかと思われます。

他には、ハロウィーンの仮装をして行くと10%引きで買えるという
イベントを行っている店舗にもたまたま行ったのですが、店員が
もれなく仮装していました。
これじゃあ客と店員の区別がつかないだろうに、というのが感想。
仮装してバーコードにビームを当てていたりすると、間違いなく
店員と間違えられそう。

そういえば、最近、仕入れていて店員と間違えられた、という話を
聞くことがなくなったような気がしますが、サーチしているのが店員とは
異なる人種であることが浸透してきたのでしょうか?

この、ハロウィーンの仮装は、浸透しているところでは浸透しているのだなー
というのが感想。秋のイベントみたいなものをやっているところを通ったのですが、
子供たちを中心に仮装している人を大勢見かけました。仮装したままそこらへんの
店にも普通に入っていきます。ハロウィーン世代ではないので、ものすごく
違和感を持ちつつ通り過ぎましたが…。


仮装は、漢字変換で第一候補に出てきませんが、それは使う機会がないから。
普通は、第一候補は「仮想」でしょう。個人的には、たまに高値を具現する
本のタイトルにあった「家相」も上位候補に出てきますが。

仮想といえば仮想通貨。電子マネーも仮想通貨とやや似たところがありますが、
私はブックオフでの支払いには通常EDYを使っています。
この週末のBO店内で気づいた点ですが、都内の一部店舗の電子マネーの
カードをかざす機器が新しいものに変わっていました。これまでは、
2種類の機器が設置されていましたが、今週末は都内の一部店舗については
白いちょっと大きめの機器が置かれていました。都下や埼玉はこれまでと
変わっていませんでしたので、徐々に入れ替えていくのでしょう。
レシートにカード残高が印字されなくなるかわりに、クレジットカードの
利用明細のようなものが別途出力され、それに店員がサインして渡して
くれましたが、手間となりやや不便になった印象。


日曜日は、別にセールをしている店でもないのに、久しぶりに仕入人を
大量に目撃しました。グループでやっていたのかもしれませんが。
そのことは関係ないと思いますが収穫が低調な週末となりました。

まあでも秋らしいよい気候だったので、落ち葉を踏みしめながらいつもと
違う経路で秋の多摩の風景を楽しみながらの行楽仕入となりました。

やや散漫なエントリーになりましたが、「KASOU」で無理やりまとめてみました。
posted by raoya at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2014年10月19日

棚の品揃えを次回の糧にする

18日 京急沿線 4店舗
19日 大江戸線沿線 4店舗

ここしばらく新しい店舗を開拓する機会があまりなかったので
先日の遠征はそういった意味で久しぶりのフレッシュ感を味わった
ことになりました。
その余韻を引き継いで、この週末は、滅多に行くことのない
エリアを攻めてみました。

最近は丸一日仕入れに費やせる日にはロープでしばりつけるタイプの
骨だけのカートを携帯し、2店舗目を出たくらいから転がして運んで
いるのですが、この週末は他の用事と兼ねていたこともあって
カートを持っていかなかったのが失敗だったと後悔したほどの、
うれしい誤算となる収量。
特に、駅から遠い西日の強く差し込む店舗は、相性が良くないこともあり
一年ぶりに行ったのですが、ここでこんなに取れた記憶がないほどの
手応えで、時代の変化(競合の減少のことです)はこの店にも影を落とし
始めたのかと思わせられるほどでした。

別に特殊な仕入れ手法なわけではないので、訪店ローテーションの
組み方がツボにはまったのだと思います。でもこのツボの居所は
非常に大事な要素であり、だからこそ、訪店情報は都度都度そこそこ
詳細に記録を残しているわけです。

よく、店長が変わったら棚が変わったという話を聞きます。そのような
個別情報が入手かつ活用できればそれでいいのですが、あらゆる要因の
結果は最終的には棚の品揃えに凝縮されるわけですから、その変遷を
次回の糧にするのがオーソドックスな対処法だと考えています。

ちなみに、1年ぶりの訪店となった店へは、いまだに駅からの経路が
よくわからず、今回も無駄に歩き回り時間をロスするという体たらく。
まあ、でも秋の気持ち良い午後かつ収穫も十分でしたので、大した
ことではありません。次回は一年未満後に行くことになることでしょう。
posted by raoya at 23:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2014年10月15日

台風直撃下での仕入れ

7日 通勤途上 1店舗
8日 小田急線沿線 5店舗
9日 東急線沿線等 4店舗
10日〜14日 高知市内、松山市内等 11店舗
15日 南武線沿線等 4店舗

休暇を利用して旅行に行ってきたのですが、半日台風の直撃を受けて
観光できる状態ではなくなったので、予約していたレンタカーで
急遽松山界隈のブックオフを制覇するプランへと切り替えました。
もし台風が来ていなかったら巡回店舗数は4店舗ほど少なくなった
ことでしょう。

普段一般交通機関で店舗を回っているので、台風直撃でも車で回った
ことでそれほど大変さはありませんでした。一般客が誰もいない
という店もなく、こんな状況でも本買う人や立ち読みしに来る人は
いるんだなーと、自分のことは棚に上げて感心。

エリア内の守備範囲商品の品揃えの感触ですが、東京ではなかなか
落ちていない万越えも狙えそうなものをぽつぽつと発掘でき、以前
静岡を制覇したときとは(エリアのほかに諸環境が違うせいもありますが)
大違いでした。地方都市や東京界隈でも不便なところでは時折このような
ランク低めの常時高値商品が放置されていることがあります。
棚の回転がいいかどうかはわかりませんが、特に最近では、仕入目的の
購入者が減っているという要因もありそうです。
ちなみに、仕入していた人を見かけたのは、ビーム1名を含む2名でした。

点数的には、ハードオフ併設店舗の松山の方はあまり数は取れませんでしたが、
高知で既にそこそこ買えていたことによる抑制心理が働いたといった要因も
あるのかもしれません。

ちなみに、高知駅店は高知駅の高架下という好立地を活用すべくカフェ併設、
カフェスペースにはマンガ以外の購入前の本を持ち込み自由とのことです。
ちなみに、地元新聞によると、この店舗は、現在高知駅が終点になっている
路面電車の延伸計画の予定候補地だそうなので、もし延伸が実現すれば
店舗は取りつぶしになるかもしれません。

BzqnnVmCcAEGgUK.jpg Bzqm_nECUAELjqb.jpg

休暇中のそのほかの日は好相性エリアを攻めたほか、海外発送も実例が発生、
スモールパケットとクロネコ国際メール便で対応しました。守備範囲商品では
海外発送頻度は低いだろうと考えていましたが、在外日本人と非日本人が
お買い上げ。送料差益も大きい(保証がないせいだが)こともあるので、
まだ海外発送可に切り替えていない商品も順次切り替えていきます。
posted by raoya at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2014年10月04日

回遊魚の宿命

4日 大江戸線沿線等 3店舗

9月は売れ数はかなりいい線行っているのですが、実態は
引き続き単価の安いものがよく売れている状況にあります。
その結果、売り上げの平均単価が以前と比較して大きく下がっています。
以前は平均単価が4ケタありました。最近は処分したものを合わせて
計算して3ケタになっていたということであいまいになっていましたが、
実は処分を除いても3ケタになっているらしきことが判明。
売上比の事務負荷が過大にかかっているということです。

確認したところ、評価の回復以外に、全体に占める単価の安い商品の比率が
いつの間にか体感よりも高い状態になっていることが判明。
不良在庫であるこれらをなきものとしてカウントすると、実は大した出品点数を
擁していないことになっています。つまり、これらを早急に真になきものにして
労力と空間の節約を実現するのが望ましいということです。

結構そこそこのものを仕入れているつもりではあるのですが、新たに
仕入れたものは、すぐに売れていくか、すぐに暴落するかのどちらかなのでしょう。
一点もので在庫を作るということは、休むことなく常に新たな仕入れ品を補充して
いかなければただちにポートフォリオの劣悪化に直結するという、回遊魚の宿命を
まざまざと見せつけられて、少し暗い気持ちになりました。


なお、明日からちょっと通常と異なる生活パターンになることから、エントリーを
通常よりも一日早く上げています。来週は更新なしか普段と全く異なる
タイミングでの更新となる予定です。あしからずご承知おきください。
posted by raoya at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録