2015年03月27日

在外邦人に売る

28日 銀座線沿線等 2店舗
29日 小田急線沿線等 3店舗(ボウズ1)

時間のやりくりがついたので、ある程度店を回れました。
今日が29の日だったことも忘れていて、普段よりも客が多いことで
思い出したくらいの体たらく。ビームの方々も見かけました。
ボウズの店は先客に刈られたのでしょう。それ自体は時折あることなのと
時間がなかったこともあったので悔しくないのですが、50円引き券の
入っているであろうティッシュを配っている人から行きも帰りも
スルーされたのはちょっと悔しかったです。


売り上げのほうは、あまり芳しくない状態が続いています。
自分だけが悪いわけではないようですが、悪いときにありがちな、単価の
とても低いものが売り上げの中心になるといううむなしい状況です。
先日は在庫期間約3年という商品が売れましたが、こういう現象は
本当に売れない時に時折具現するものです。

あえて何かいい点を探すとするならば、わずかではありますが海外からの
注文の頻度が高くなったことでしょうか。でも、先日の注文は、商品が
届くまで発送手続きから約1か月を要するなど、波乱万丈な事例も
散見され、メリットが大きいのかどうかの判定は個々人の価値観に依存、
といったところでしょうか。

しばらく前から、本業でも英語によるコミュニケーションが必要な
状況になりつつあったことから、英語をできるだけ非日常ではない状態に
していきたいというニーズがあり、海外発送はその一翼を担うのではとの
期待のもとに配送オプションの国内限定を解除したという経緯にあります。

が、実際に海外に発送した商品は、一回少年ナイフのDVDを外人が
お買い上げになったほかは、日本語の書籍を在外邦人がお買い上げという
感じで、英語によるコミュニケーションが必要な局面はでてきていません。
海外発送していない出品者は結構いるようなので、値付けが高くても売れるなど、
実はこれはちょっといたアドバンテージになっています。
posted by raoya at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2015年03月22日

仕入縮小

21日 埼京線沿線等 4店舗

多忙要素のうちの一つが終了したことで、少し余裕が出てきたのですが、
とは言いながらもフルに仕入れに行ける状況になったわけではなく、
引き続き縮小モードでの活動を余儀なくされています。
来週末もあまり仕入れの時間が取れないことが確定しているので、
そろそろ売り上げのほうに影響が出てくるかもしれないと覚悟しています。
まあ、仕入れを縮小して時間を他のことに振り向けること自体は意識して
いるものであるため、それ自体をよくないことと考えているわけでは
ありません。ただ、意図している振り向けることとは、自発的なことで
あるため、ちょっと違うような気もしていますが。

ここまで仕入れの数が少なかったのはいつ以来だろうかと過去の記録を
たどったところ、体調が悪くてほとんど仕入れに行けなかった2011年
12月から翌月にかけてでした。この時は、じわじわと地震の影響が
出ている中に埋没していて直接的な影響度合いを感じることはありません
でしたが、今回はどうなることやら。

ブックオフの新しいカードのポイントの積み上げも、買値が安いこともあり
今のところは牛歩戦術といった感じで、購入代金に充当するのは
相当先になりそうです。


4月からの不確定要素のうちの一つであった自己発送方法についてですが、
ヤマトのドライバーに照会したところ、B2利用かつ未収契約をしている
先については、4月以降も現行継続で対応する、とのことでした。
メール便との類似性が高いのはDM便ですが、案内にあるような
「「クロネコDM便 お取引申込書」にて、あらためて内容物の種類をご申告」
を求めてくる様子もなく、このまま4月に突入して大丈夫なのかどうなのか
こちらが心配になってきます。移行期間が半年あるとの見解もあるので、
その間に順次手続きして半年後に終わっていればよい、ということなのかも
しれません。
まあ、現状維持を保証してくれているのであれば、特段こちらからせっつく
必要はないかと考えています。
posted by raoya at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2015年03月15日

オレンジカード

14日 丸の内線沿線 3店舗
15日 中央線沿線 1店舗

3月に入っても売り上げのほうはパッとしない日が続きます。
時折急に売れる日もあるのですが、AMAZONのサイトに英文表記が
混在しており、このようなときには売り上げが芳しくないことが多いので、
これも影響しているものと思われます。

一方で、仕入れについてはなかなか時間を割きづらい日が続いており、
平日はもう相当期間行く機会を持てずにいる上に、週末もフルに使える
ことのない状態です。とは言いながらも、行けばそれなりに手ごたえが
あり、特に今週行った先は原則厳しい店でありながらもいずれも期待値を
超える収穫がありました。
やはりセルサイドの撤退傾向の影響があるのではないかと思わせる状況です。
なかなか利益が出づらい環境ではありますが、店にさえ行けばそこそこ
収穫がある、ということは、仕入れに長時間を費やさなくても点数的な
確保ができる、ということですから、時間を他に回したいという観点に
立てば望ましい状況なのかもしれません。


ブックオフの新しいカードの色はオレンジ色ですが、昔JR東日本が
オレンジカードという磁気カードを発行していたことを覚えている人は
どれだけいるのでしょうか。以前よくチケット屋で購入しては愛用して
いましたが、風景写真のデザインでいろいろ種類もあって、使用済みのものも
捨てずにためていた時期がありました。

それとは磁気である点以外に全く共通点のないブックオフのカードですが、
結構利用者がいるように見受けられます。
個人情報をさらさなくても割引を受けられるのがいいのでしょうか。
端数の8円をポイントで充当してくれみたいなリクエストをする
上級者もいました。

でも、仕入れ単価の低い場合は、点数がたまりづらいのであまり
手ごたえがないんですよね。ポイントにインフレが起こるような
イベントがこの先期待されます。

一方で、廃止後もレシートに印字されていたり、サイトで実際にポイントを
上乗せできたりしていたワンデイの番号ですが、ようやくサイトのほうで
番号を登録できるリンクが消えたり、使えなくなるような対応がとられました。
端数切り上げの上乗せを狙っていたのですが、いまいちなところで使えなくなり、
折角廃止後にも印字されていた番号でポイントを増やしていたのが意味なくなりました。
posted by raoya at 20:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2015年03月08日

せっせと貯めても、すぐなくなる

7日 東急線沿線 2店舗
8日 西武線沿線等 2店舗

今週末も用事の合間にといった仕入れですが、天気が良くなかったこともあり、
普段と趣向を変えてバスでの移動をしてみました。
要はあまり行かないエリアを回ったのですが、店舗数が漸減している昨今、
あまり行かないエリアに行く頻度も少しずつ上がっていくかもしれません。

今週は多忙であったこともありあまりネタとなるできごとはありませんでしたが、
そんな中でブックオフの新しいカードを発行してもらいました。
サイト上では「ザクザク貯まる!すぐ使える!」と書いてありますが、
税前代金の1%が還元率であり、ザクザク感は全くありません。
「せっせと貯めても、すぐなくなる」というのが真相と思われます。
kaiin_bunner_small.jpg

普段の支払いにはエディを使っているため、ポイントで端数を払うと
いった使い方をすることもなさそうであり、現時点ではあまり魅力の
あるものでもなさそう。
あえていうならば、ワンデイサンクスパスと違って全店参加であること、
以前の黄色い会員カードと違って入会金が不要なこと、
黄色いカードはポイントが店舗単位であったのが店舗に関係ないようである
ことあたりは、引き合いに出す対象が古いけれども進歩でしょうか。

あとは、今後、Web会員限定サービスにどのようなものがでてくるかがポイント
になるのでしょうか。
posted by raoya at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2015年03月01日

金太郎飴と雨の週末

28日 京浜東北線沿線 3店舗
1日 京王線沿線等 4店舗

今週は途中でAMAZONの売り上げがずいぶん落ち込んだ印象を受けましたが、
別件で多忙であったこともありそれほど気に留める余裕もありませんでした。
むしろ、多忙で出荷通知ができなかった日に振り込みの締日が到来し、それにより
一日分の換金が2週間遅れることとなったことは、自己責任なので金額の多寡に
関係なく悔やまれるところです(まあ個別に手続すればいいだけの話ですが)。
こういった点も自己発送の手間かつ不利な点の一つですね。


土曜日は、午前中から用事があり外出したのでその流れで仕入れに行きましたが、
用事がなかったらゆっくりしていたかもしれないような状態でした。
そんな感じでしたので、全くの準備不足で、28日ながらブックの日であること
すら把握していませんでした。
その結果、はずれたら金太郎飴をくれるくじ引きの店を選択する、という失態を
演じることに。
ただ、選択ミスのせいか、収穫は最近のこの店の中としては非常によい結果に。

そればかりではないかもしれないのですが、棚の復調傾向は、特に直営の
相場連動店舗について顕著ではないかという感触があります。
相場連動その他の逆風を受けて、値幅を目的とした客の数が相当減っている
であろうことが想像つきます。
その分、セールを実施している非相場連動のフランチャイズ店舗に流れ、
そのような店については棚の潤い具合が以前と大差ないのかもしれません。


日曜日は、最近閉店した店のある方面に、29の日の出がらしを回収しに
行ってきました。
途中から降り出した雨が思いのほか強く難儀しましたが、かなり久しぶりの
店もあったので、予定の店を巡回。閉店した店にこれまで陳列していたかも
しれない文具がその近隣店舗で取り扱い開始していたのはギャグかと思いましたが、
この店も、近隣からの移転後はパッとしない印象が定着していることから、
遠からず撤収する見込みのサインなのかもしれません(推測にすぎませんが)。
posted by raoya at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録