2016年01月31日

「ブックの日」明けにセール

28日 総武線沿線 3店舗
30日 横浜線沿線等 4店舗+非BO1店舗
31日 小田急線沿線等 5店舗(うちボウズ1)

今月のブックの日は金曜日、例によって行くことはできずに、
「ブックの日」明けなので棚が枯れきっていることも
覚悟して臨んだ週末。

割引券の消化も兼ねて町田に行ったのですが、そこでは、
緊急のセールと銘打って、土日2日間限定で、250円ごとに
50円の割引券を発行するセールをしていました。
これって、以前のブックの日の出し物と同じの、現在
観測できる一般的なセール形態では最高位に属する大盤
振る舞いです。しかもブックの日の翌日に。

そんなにして月内に売り上げを作りたいのか、と思って
いたところ、前日の金曜日に、第三四半期の決算発表を
していたんですね。
販管費の増加を主因として4億のマイナス。
もしかしたらその余波で売り上げを作れとの号令が
あったのかもしれません。他の店ではどうだったので
しょう?

決算内容は精査していませんが、販管費増加の主因は
家電販売体制の構築のようなので、書籍に関しては
特段大きなブレは発生していないのかなと考えています。


書籍については、これまで、
「定価の約半額→一定期間経過後C価格で販売→廃棄」
とやっていたものを、おそらくこんな感じで運営して
いるのではないかと推測しています。

ヤフオク相場→ヤフオク相場に合わせて更新→一定期間経過後に、
「ヤフオク相場が一定以上のものはオンライン送り」
「ヤフオク相場が一定以上だがオンライン送りしたくないものは
プロパー棚で値引き販売」
「ヤフオク相場が一定以下のものは店でC価格で販売→廃棄」

こうすることにより、店舗は、これまで、実勢が高いのにCで
売っていた商品を実勢でオンラインに売ったことになり、
店舗収支が改善、必要最低限の厳選だけをオンラインに送ることにより、
全体としても、売れ数は減っても、売り上げ単価と金額の歩留まりが
上がることになるのだと思います。

その結果、C棚には、実勢価格の高いものは原則存在しなく
なっているのではないかと思われます。(イベント発生で
その後高騰したものや、最初から状態の悪いもの等を除く)


最終的には、店舗仕入れ転売の適格商品は、新品在庫がなく、
かつ品薄な一部の商品だけになる、ということではないかと
思います。そして、それが実際には健全な相場ですし、
新刊書籍の供給力を落とさずに共存共栄する道ではないかと
考えています。

その市場規模は、決して大きくないので、そのパイを何人で
奪い合うか、ということになるのですが。
posted by raoya at 19:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年01月17日

普段潜伏している層

16日 東急線沿線等 5店舗
17日 東急線沿線等 5店舗(内ボウズ1)

今週末は、都合で、通常週よりも遅い時間まで仕入れに
充てることができる環境下にあったことから、訪店数が
最近にしてはちょっと膨らみました。

とはいっても、点数的にはそれほど買えていません。
理由は、二つあると思っています。

ひとつめは、個人的な理由。
以前は、同一商品の複数在庫することに対する抵抗が
低かったので、すでに在庫のある商品を棚に見つけたときに
躊躇することなく追加購入していました。それについて、
最近は、現在の高値圏にとどまりそうな期間に捌ける
確度をざっくり見積もったうえで、価格循環性の
あまり見込めなさそうな商品は複数点数在庫しないことに
スタンスを見直しました。

昔、躊躇なく買っていた主たる理由は、ひとことで言えば
「買占め」の心理です。いろんな人に出品されたら値崩れが
早まるのではないかと考え、それを少しでも食い止めよう
という狙いですが、一個人の影響など微々たるもの、
無駄な抵抗は、勝算のあるものに限定することにしました。


もうひとつめは、全般的なもので、やはり正月のセールで
かなり派手に刈られ、そのあと更に、月内有効期限の
10%引き券効果で追い打ちをかけるように刈られている
のではないかと思います。

普段から巡回している層はそれなりに少数尖鋭になった
一方で、普段潜伏しているもののセールがあると出てくる層、
というのが、相当数いるのでしょう。
たとえば、小遣い稼ぎの人や、セール時のみ組織的に
動員する、などです。実態はわかりませんが、棚から
そのような痕跡を感じました。

ということで、しばらくは、その結果として、販売の方も
出品過剰となり、相場も弱い状態が続くものとも思われます。
在庫の圧縮は引き続き取り組むものの、不必要な値下げを
することで利益を逸失しないように気を付けたいと思います。
posted by raoya at 20:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年01月11日

棚の疲労

4日 通勤途上 1店舗
9日 京浜東北線沿線等 2店舗
10日 中央線沿線 3店舗
11日 中央線沿線 2店舗

今週も日曜日夜に用事のため、繰り上げ更新しようと
思って書き始めたのですが、間に合わずに今日の
更新となりました。
いろいろ用事もあり、行先を熟慮することなく済ませた
感じの一週間となりました。
そのせいで巡回サイクルが短い店舗に行くこととなり、
セール直後であったことも手伝って、年明け以来、
仕入れ面ではこれといった手ごたえを得られないまま
これまでのところきています。
多忙だとリサーチもおろそかになり、その結果という
面もありました。

この傾向は今後もしばらく続きそうであるため、
先に備えて、デイリーの作業負荷を落とすための
不良在庫圧縮に継続的に取り組んでいるところです。
それが一定程度達成した暁には、仕入れも厳選、
売り上げも厳選かつ高利益率という、夢のフロー
少数尖鋭化による短時間高収益率が実現できるものと
目論んでいますが、そんなうまくいくことやら。


連休中の店頭風景ですが、客の入りは比較的多い印象でした。
客足がいいことは商品の回転という観点で望ましく、
この勢いで棚に良質な商品を出していってもらいたいものです。


年始に普段お世話になっている各地のブックオフ店舗に
初詣にいかれた皆様におかれましては、10%オフと
書かれたおみくじを多数受け取っていらっしゃることと
思います。
私の場合は信仰心が足らず、片手分くらいしかお札
(ふだ)をもらえなかったので、10%オフの恩恵には
ほとんどあずかることもできずに1月を過ごすことに
なります。

今週も余った券を配ってくれる店はないかなあと淡い
期待をしたものの、残念なことに無残にも夢は砕かれ
ました。

セールの頻度が少ない分、棚の疲労度も従来にも増して
高いことが推察されるため、仕入れの手ごたえの少ない
期間が多少長引いても、あせらずに、在庫の筋肉質化を
地道に進めていく時期かなと考えています。
posted by raoya at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年01月02日

ウルトラセールの店内風景

2日 中央線沿線 3店舗
3日 東西線沿線 1店舗(予定)

新年おめでとうございます。
皆様におかれましては、良いスタートを切っていらっしゃいます
でしょうか。

なぜか日曜日の夜に予定の入ることが増えてきた昨今、
明日も夜の用事につき今週も繰り上げ更新です。

今年も開催のブックオフの正月のウルトラセール。
1月4日までの4日間開催で、本全品20%オフでの
販売と、会計時に1月5日から月内有効期限となる
10%オフ券の配布をしています。こちらは在庫限り
で途中打ち止めになる場合があるかもしれませんが。

今日巡回した店舗を見る限りでは、店内はそこそこ
賑わっており、正月にテレビをつけてもしょうもない
番組しかやってないなーと退屈している人々の受け皿と
しての一定の役割を果たしているようです。
あとは、読みたい本をリスト化して探しに来ている
本当の読書愛好家の姿も散見され、そのような健全な
店内風景を見ると、ちょっとうれしくなりますね。

これを見て、家電コーナーの強引かつ無分別な拡張は、
対象店舗の選別の見直しを行うなどすることで、ちょっと
思いとどまってもらいたいものです。


ちなみに、例年と同じパターンで配布の10%オフ券ですが、
ワンデイサンクスパスが廃止となった現在では、その価値が
去年までよりも高まっています。
出遅れて20%オフでめぼしい商品を買えなかった
場合でも、レジを数多く通ることでこの券を大量に
ゲットすることで溜飲を下げた人がいるかもしれません。

また、来週あたりこの券がオークションサイトを飾ることも
あるかもしれません。

と書きながら、個人的には、今日の午後なんとか時間を捻出して
移動時間の短い3店舗を巡回したものの、それ以外は時間を
作れそうになく、昨年同様、大した収穫がないまま終わりそうです。


一方で不良在庫販売については順調に売り上げ点数を作っており、
日によっては悲しいくらい一円本のオンパレードになっています。
その結果、12月の売り上げは金額的には大したことがない
反面、点数的には低調月の倍くらいの数字が上がりました。

とはいうもののまだまだ不良在庫の滞留度合の高い状態は
継続しているため、この方針はまだしばらく続けます。
このような不良在庫が捌けることは、適切な仕入れと
相まって、在庫が少しずつ良質かつ筋肉質になってきて
いるはず。
そのうち、誰に見られても恥ずかしくない出品リストに
様変わりすることでしょう。そんな日が来ることを夢見て。
…なんていう初夢を見たりはしませんでしたが。
posted by raoya at 21:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録