2016年06月26日

離脱

22日 通勤途上 1店舗
25日 京王線沿線等 5店舗+古本まつり
26日 丸ノ内線沿線 3店舗

大雨や国民投票によるイギリスのユーロ圏からの離脱決定や
参議院選公示など、いろいろ落ち着かない事象が発生しています。

ユーロ離脱につきましては、直接目に見える影響としては
金融市場の動揺が象徴的でしたが、金融商品をお持ちではない
皆様の生活にも、今後玉突きでじわりじわりと影響が出て
来るものと思われます。

ユーロ離脱は、既得権を移動させるにはうってつけのテーマ
ですので、新たに権益がほしい皆様におかれましては、
くれぐれも時機を捕らえ損ねることのなきよう、ぬかりなく
世界情勢と対峙いただきたいものです。

私はそういう類の欲はありませんので、この週末も
本件に関してはニュースを考察する程度にとどめ、
週末恒例の宝探しに行ってきました。
とはいっても、行先はややいまひとつ感の強い
エリアを中心とした選択になりました。

そうしたところ、新宿西口の地下の広場で大きな
古書祭りが開催されているのに遭遇。
https://www.kosho.or.jp/event/detail.php?transactionid=d7dd49f40a48b009ca75f9fabf6613eb7e9a2b65&mode=detail&event_id=3137
URLが長いのでうまく貼れなかった時用の短縮URL
も取得しておきました。
https://goo.gl/EPa21h

残念ながら最終日ということでしたが、これまで
一度たりとも見つけたことのないかなりレアな
書籍に遭遇。こういう企画もチェックすることで、
普段とは異なる視点を持てる習慣が自然と身に
つくのでしょうね。

同じ並びの棚と同じBGMと同じ購入商品ばかりでは、
頭は退化するばかりです。イギリスは自らの意思で
ユーロ圏から離脱する決断をしましたが、自ら
決断することなくなすがままに身を任せていくと、
離脱ならぬ脱落と相成りかねませんので、気を
つけなければなりません。

もしくは、別の境地を開いて解脱、とか、ひと皮
むけて脱皮、いう手もあるのかもしれません。
…なんか、「脱」という字は、肯定的な意味合いも
強いんですね。
posted by raoya at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年06月19日

低評価は警鐘

15日 通勤経路 1店舗
18日 京浜東北線沿線等 3店舗
19日 東武線沿線 3店舗

今週末は、フルに時間をつかえなかったことも
あったのですが、ローテーション外且つ、やや
遠距離にある店舗を巡回することに。

5月に、ウルトラセールやその後の割引券の消化の
ために得意店舗に行きつくした反動としてはやむを
得ないところでしょう。
このような中で、以前の記憶とは異なる棚の活況に
遭遇すれば、その店舗はローテーション復活と
なるところですが、そのような期待に応えてくれた
店舗は残念ながらありませんでした。
まあ、枯れきっていなかっただけ、まし、と
考えておきます。


売り上げのほうですが、評価数が少ない中で低評価が
入ってしまい、パーセンテージがかつてない状態に
なってしまいました。しばらくは、評価重視の人からの
注文の期待できない、臥薪嘗胆の日々が続きます。

個人的には、ネット通販はできるだけ少ない接点で
さらっと終わるのが基本だと思っているので、
たとえ納得のいかない低評価を食らったとしても、
それについて購入者にコンタクトしてきていませんでした。
書評を理由に低評価を受けた場合には、さすがにAMAZONに
消してもらいますが。

とはいいながらも、勘違いに起因する低評価を何として
でも排除する人とそうでない人とがいる限り、評価の
公平性はないということを意味します。

私は、マーケットプレイスでの売り上げが主たる収入源
ではないことを理由に、あえてやっていないことが
いくつかあるのですが、上記はその一つです。
自然体で臨むことを基本にしています。

低評価とは一定の確率で発生するものではありますが、
それを消すことに力を入れるのではなく、自分の
立ち位置に対して出されている何らかの警鐘なのでは
ないかととらえ、それに気付く契機にできればいいと
思っています。
posted by raoya at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年06月12日

時間効率

11日 西武線沿線 3店舗
12日 中央線沿線 1店舗

今週は用事もあり、あまりきちんと回る時間が
取れませんでした。
でもその割に、店舗に仕入目的でいらしている
人を多く見かけました。
中には全頭ビームされている方も。

おそらく、5月のセールで枯れた棚がそろそろ
戻ってくるとの読みをする方が多くなってきた
のでしょう。
仕入れのための時間に制約のない方は、四六時中
仕入れをするのではなく、効率的かつ効果的に
仕入れのできるタイミングを見極めたうえで
店舗に臨んでいることでしょう。私のように週末の
日中限定で回っているのとは発想が違います。
私の場合は、時間が決まっているので、タイミングを
選んでいない分、効率的ではないということになります。


最近、それなりの期間同じスタイルでの仕入れ手法を
継続しているので、頭を使わなくていいという観点では
効率的ともいえるのですが、次第にじり貧になってきた
ので、時間効率は徐々に落ちています。
新しい手法を加えていって、時間効率をよくして
いかないといけないと思っています。

私はカレントの高ランク低スプレッド商品は原則
扱っておらず、レア商品か価格循環性のある商品か
話題が価格を押し上げた商品を攻めているのですが、
やや竹槍戦法に陥っています。
その結果、旬を外して値崩れする比率が非常に
高くなっているのが最近の傾向です。
これを防ぐには、値付けの適切化と仕入れ基準の
厳格化が必要であり、以前は甘くても何とか
なっていたものが、最近の容赦ない値崩れの
前に歯が立たなくなりつつあります。


時間効率というと、移動に、急行電車を使うとか無駄の
少ないルートを選択するとかいった、所要時間を減らす
対策が思い浮かびがちですが、それ以外にも、売れたときに
残る金額を増やす対策をとることでも時間効率は上がります。
こちらのほうを考えるほうが大事ですね。
posted by raoya at 20:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年06月05日

見捨て店舗

30日 通勤途上 1店舗
4日 東急線沿線等 6店舗
5日 埼京線沿線等 3店舗(うちボウズ1)

5月には普段よりも多くの店を回った結果、巡回
ルートから外した「見捨て店舗」以外はほぼ一通り
回った感じとなり、訪店間隔が縮まった状態と
なっていました。
それを受けて、今週末は、ちょっと変わった
巡回手法を採用。
といっても、単に普段は効率が悪くて使わない
ような組み合わせの巡回をしただけなんですけどね。

市川の新店舗へは、用事の関係で寄ることが
できませんでした。油断していると、また最悪の
タイミングで行ってしまいかねないので、ちゃんと
時機を見計りたいと思います。


実は、先月末から通勤環境が変わったものですから、
ふらっとベースで行きやすい店舗もこれまでとは
変わりました。
これまで行きやすかった店舗とは、あまり具体的には
書いていなかったかもしれませんが、古今東西の
ブックオフで最も皇居に近い店舗として秋葉原と
覇権を争った飯田橋でした。

この店は、地下鉄の出口の真横にあるという意味では
特に雨天時の立地的には優位性があるものの、
「開店当初から二階の古書臭が歴代最大級の強烈さ」
「一階会計では購入商品を袋に入れるのを渋るくせに
三階では無条件に袋に入れるという一貫性のなさ」
「会計待ちが膨らむと即座に店内導線が乱れる脆弱さ」
「店の前の交差点の信号が青に変わるまでの遅さ」
「隣の赤いラーメン屋のいまいちさ」などといった
課題に加え、棚の変化の乏しさが感じられるようになって
きていたため、最近は便利でありながら利用頻度を
落としていました。

今回通勤経路が変わったことにより、飯田橋の町や
代わり映えのしなかったブックオフの棚たちには
別れを告げて、今後はその役割は秋葉原の
ブックオフに担ってもらうことになりそうです。

数年前、昼休みに駅構内の蕎麦屋で短時間昼食を
とって秋葉原に向かい、15分コースで棚を
巡回する、ということを日課にしていた時期が
ありました。
さすがに、今回の環境変化ではそのようなことが
できる状況にはありませんので、行くのはあくま
でも夕方限定になると思います。


なお、冒頭で触れました「見捨て店舗」の定義は
人によって違う可能性があるので、私のイち押しの
見捨て店舗群を最後にご紹介しておきましょう。
・板橋区内に立地する全店舗
・隅田川と江戸川の間に立地する都内のほとんどの店舗
・航空公園のある463号以北の西武東武エリアに立地する店舗
・その他、練馬高野台、千駄木、浦安など

もしこれらの店舗でお宝続出するようなことがあった
場合には、ぜひご一報賜りますようお願いします。

なお、これまで行きやすかった飯田橋は、適正な
訪店頻度さえ保っていれば適度に取れると考えて
いるため、足下では見捨て店舗にはカウントして
おりません。
posted by raoya at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録