2016年10月30日

「暗い」ブックオフ店舗

24日 通勤途上 1店舗
25日 通勤途上 1店舗
26日 通勤途上 2店舗
27日 通勤途上 1店舗
29日 有楽町線沿線等 3店舗+非BO1店舗
30日 総武線沿線 5店舗+非BO2店舗(うちボウズ2)

電通過労死の労災認定のニュースの余波というわけでも
ないのですが、職場の拘束時間短縮の気運が高まり、
その結果、夜の仕入れが可能な状況に。

ただし、これは一時的もしくは周期的に可能になる
ものとなる見通しで、この先ずっとこのペースを
維持できるわけではありません。


行くと、どの店舗もセールを積極的にやっていますね。
土曜日はブックの日でしたが、以前よりも規模を
拡大しているような印象を受けました。


日曜日は、総武線方面の中でよく行く得意な店舗の
陰にれてあまり行く機会のない店を攻めてきました。
結果は、数は取れなかったものの幅のとれるものを
それなりにゲット。
本当は、幅の取れるものを数多く取れるのが理想
ですが、そんなうまい話はないので、よしとします。


久しぶりに行った店舗のなかに、亀戸がありました。

このあたりには店が集結していたので、以前は、
錦糸町のロッテホテルの店からブックオフ4店舗と
ブックマート(だったかな)と計5店舗歩いて
回ったものでしたが、いかんせん徐々に相性が
悪くなり買えなくなったのと、錦糸町の一店舗が
閉店になったこととで、いつの間にか、利用頻度が
年一くらいに落ちていました。

今日行ったら、トイザらスは囲われて取り壊されそうに
なっているわ(2016.3月閉店とのこと)、
http://kaiten-heiten.com/toysrus-kameido/
かつてブックマートがありそのあとブックパイレーツと
いう名でやっていたビルも更地になっているわで、
(ブックパイレーツは2015.9月に錦糸町に移転とのこと)
https://twitter.com/bookpirates
時代の移ろいをまざまざと感じさせられました。

この、旧ブックパイレーツがあったビルの向かい側に
立地している亀戸東口の店に入ると、今はなき大久保の
明治通り沿いのブックオフを思い出します。なんとなく、
店内の特に左半分の雰囲気が、大久保のブックオフに
似ているのです。
赤羽の1階も構造的には似ていますが、亀戸東口の方に
より強く感じられるのです。
「暗さ」とは、照明のことではなく、店員が暗いわけ
でもなく、説明が難しい雰囲気の暗さなのです。

昔は、あのようななんとなく暗い感じのするブックオフの
店が結構ありました。しばらく行っていませんが川口飯塚
なんかも似た匂いがあります。

ああいう店が、徐々に減っていき、同じような見た目の店
ばかりになっていく中、亀戸東口のような昔の面影を残す
店舗にたまに行くと、不思議な懐かしさを覚えます。

ちなみに、この店での釣果はありませんでした。
次回行くのはたぶん約1年後になることでしょう。
posted by raoya at 20:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年10月23日

引き続き、セール攻勢

20日 通勤経路 1店舗
22日 中央線沿線等 2店舗
23日 中央線沿線 1店舗

今週末はほとんど動けずに手近なところのみの巡回と
なりました。でもセールを打っているところが多いですね。
ブックオフが渾身の力を振り絞って発行する、
有効期限が当月末というせこいクーポン券を配布する
店舗もありました。
事前告知をしていないケースが多いようなので、
来店客に1冊余計に買って帰ってもらおうといった
感じの効果を期待しているのかなあと思います。

一般的な店でも、不意にセールを知ると、つい、あまり
いらない無駄なものを買ってしまいがちになりますよね。
そのようにして、1冊1000円の買い物をしようと
思って来店した人が、20%オフセールと聞いて200円の
余剰在庫本を一冊余計に買ってくれた方が、売り上げは
一緒でも不良在庫処分費を削減できますから、
ブックオフとしては御の字なのかもしれません。

事前告知しないのは、特殊顧客が開店前に並んだり
スタートダッシュしたり他の客を威嚇したりすることを
防止する意味合いもあるのかもしれません。

まあ、落ち着いた店内環境を維持するためには、
やむを得ないのかもしれませんが、毎週末にセールする
ようになると、結局一緒になるかもしれませんので、
そのあたりはうまくやってほしいものです。

もし、赤字決算の負の印象を拭うべく、10月の月次の
着地を何が何でもよくしたいということが目的であれば、
11月になったらこのセールは落ち着くのかもしれません。

個人的には、こちらなのではないかなーと思っています。
posted by raoya at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年10月16日

セール復活

10日 総武線沿線 1店舗
13日 通勤途上 1店舗
15日 東急線沿線等 5店舗+非BO1店舗
16日 根岸線沿線 3店舗

朝晩の冷え込みがきつくなり始め、体調維持に
気を遣う必要のある季節になってきました。
ブックオフ店頭でも、口元を抑えずに咳をして
書籍の減損にひと役買っている客層の増加が
見られますが、FBA在庫のほうはその点は大丈夫
なんでしょうか。

AMAZONの倉庫の労働環境の悪さは衆目の知る
ところとなっており、便利さと引き換えに
そのようなリスクに目を瞑る必要はあるの
でしょう。

私はFBAから足を洗ってからもう相当期間経過
しています。その間、梱包の難易度の高い商品の
比率を徐々に落とし、在庫点数も自然減を目指し、
商売が繁盛しても発送手続きの負荷が一定範囲内に
収まるような体制で運営を続けています。
一梱包当たりの利益額が大きいものばかりに
なることが理想です。


今週末は、土曜日にはがっつりと仕入れ、
日曜日は予定以上に時間を確保できたので、
当初1店舗予定だったところが多めに
回ることができました。
自分のテリトリーではない分野でのセールが
開催されていた店舗もありましたが、最近は
来たい分野以外の棚は足すら向けないことも
多く、円滑な巡回と体力温存重視で取り組んで
います。

ブックオフも赤字決算になったおかげで各所で
ブックオフ賞味期限切れ論調が展開され、
なにくそとばかりにセールを打つようになって
きましたね。今日はたまたま某店舗に開店前に
到着しましたが、それなりに人が集まって
いました(ちなみに一般人が、です。念のため)。

私はもともとセール慎重派で、割引券派なので、
セールの乱発は好むところではないのですが、
このような取り組みが適度に行われることで、
書籍の棚の維持につながってくれればと祈る
ばかりです。
posted by raoya at 21:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年10月09日

環境の変化

4日 通勤途上 1店舗
8日 中央線沿線 2店舗(うちボウズ1)
9日 京王線沿線 3店舗

10月に入り、いろんなところで環境が変化
しています。
気温の変化もその一つであり、自分をはじめとして
風邪をひく人も多数。先週は実は風邪気味な週末
だったのですが、そのことに触れ忘れるくらい
ささっと記事を書いてしまいました。

これまでは、風邪は布団をかぶって汗をかいて
治していたのですが、いかんせん年とともに
治癒までの所要期間が長くなったので、今回は
アドバイスを受けて栄養ドリンクに依存して
みたところ、なかなかの効果。
まあ、これまで常飲していなかったおかげで
効きがよかっただけで、今回限りの効果
なのかもしれませんが、少なくとも当面は
これで行けるかなと思っています。

栄養ドリンクに依存した主たる理由は、
環境変化に伴う連夜(というほどでもないですが)
の酒宴その他を乗り切ることが目的です。

というわけで、その目的は達したものの、
今週は訪れたブックオフ店舗も非常に少なく、
あまり話題を収集することもできませんでした。

体育の日を含む連休に20%オフのセールを
行っている店舗がそれなりにあるようですね。
ここしばらくはゴールデンウィークと年始限定で
セールを行っていたブックオフ各店舗も、
在庫一掃する機会がないと、売り上げも立ち
ませんし廃棄率も高止まりして大変なんでしょう。

厳しい環境の変化を受けて、ブックオフが書籍の
比率を下げるのは、店舗の棚ばかりではなく、
バックヤードやストッカーの在庫もしかり、と
いうことなのでしょう。

個人的には、あいにく、上記の事情もあり、今回の
セールの恩恵をほとんど受けることがないまま
終わりました。


売り上げのほうですが、読書の秋という陳腐化された
キーワードに誘われて、比較的価格帯が上の方の
在庫が売れていっている傾向がみられます。
一時的かもしれませんが。

なお、キンドル化された商品は基本的には在庫に
組み入れないようにしているので、昨今話題を
集めている、キンドルのアンリミテッドだか
リミテッドだかよくわからない状態になっている
現象の影響は受けていないと思われます。
こちらの環境の変化に対しては、高みの見物と
いった具合です。
posted by raoya at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年10月02日

ポジション調整

26日 通勤途上 1店舗
1日 小田急線沿線等 4店舗(うちボウズ2)
2日 西武線沿線 5店舗

9月の最終週は、意外に数が売れてくれました。
最近は、収穫の多くない時には、Cで利幅が
小さくても足の速いものを多少取り込むように
したので、その分、数的にはかさ上げされるように
なりました。金額的には全く大したことは
ありません。

例年ゴールデンウィーク明けからしばらくは
売り上げが低調な期間に入るのですが、
今年は夏休みに仕入れの時間を作れなかった
事情があったことも相俟り、例年にも増しての
低調ぶりでした。

ここ数年は、ゴールデンウィークと
長期休暇時以外の月は仕入れよりも売り上げの
ほうが点数の多い状態が続いているのですが、
実際にそのように徐々に在庫を落として
いくことを目指してもいます。
現在最盛期の6割くらいの在庫点数にまで
落ちています。
その間、買い取りに出してはおらず、値崩れ
したものも含めてAMAZONで売れていくことにより
徐々に減っていった結果です。
この先の需給の情勢を勘案しても、満足な
仕入れができる機会がだんだん限られていく
であろうことを念頭に、相当程度厳選した
仕入れ方に絞り込んでいくスタイルでやれれば
いいかと考えています。

そうすることで、相場下落への加担をすることなく、
品ぞろえに対する貢献だけができる、という状態が
理想です。

売り上げの絶対額は落ちると思いますが、落ち幅
以上に負荷を軽減することで効率を上げる想定です。

実際にその通りにできるかどうかはわかりませんが、
そういうことを念頭に置きながら、ポジション調整を
していこうと考えています。
posted by raoya at 20:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録