2017年04月30日

休眠アカウント

27日 通勤途上 1店舗
29日 東武線沿線等 6店舗
30日 総武線沿線等 4店舗(うち非BO1店舗)

今年のゴールデンウィークにもウルトラセールが
開催される旨が店舗やチラシでの告知され始めました。
期間は、5月の4,5,6,7の4日間で、
内容は書籍全品20%オフだそうです。
3日は祝日なのにもかかわらず期間外なのは、
どういった意図なのかわかりません。
いかにもやっつけ的な告知パンフレットだったので、
単に準備が間に合わなかったので4日からにした
可能性もありそうです。


今週末は、ちょっと距離のあるエリアに、かつ
うち一日は、あまりにも収穫が望めないくせに
立地が遠くて歩く店が多いので滅多に行かない
方面に、視察を兼ねて行ってきました。
ボウズ2店舗くらいは覚悟していたのですが、
思っていたよりは収穫があり、しかも超レア
作品がC棚に眠っているのを視線が掘り当てた
ので、時間と交通費が無駄にならずに
済みました。毎週こうだとありがたいのですが。


アマゾンの中華系アカウント乗っ取り騒動は、
かなりの広がりを見せているようですね。
マーケットプレイスの自己発送に壊滅的な
打撃を与える可能性があるので、予断を許さない
ところではありますが、書籍の零細出品者には
今のところ影響は及んでいない模様です。

ちなみに、セラーアカウントの二段階認証への
切り替えは、もう済んでいますか?
私もこのニュースの当事者になりたくないので
手続きしました。変更後、その都度パスワードを
入れなくちゃいけないのだったら煩わしいと
思っていたのですが、その必要もありません
でしたので、もしまだの方がいらっしゃったら、
自己防衛のために早めの対応をお勧めします。

今回の騒動の被害者となるのは、クレーム被害を
受けたアカウントを乗っ取られた人と、風評被害を
受けたAMAZONでしょうか。
AMAZONのセラーアカウントは、もともと、不用品を
出品しませんかで始まったものなので、商売感覚の
ない休眠のセラーアカウントが大量にあると思います。
現在稼働中のアカウントは二段階認証等の防御を
したとしても、休眠アカウントは二段階認証の
変更手続きなど期待できません。認証変更を
していないアカウントは、遠からずAMAZONから
停止措置がとられる可能性もありますね。
posted by raoya at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年04月23日

時間が足りない

22日 西武線沿線 1店舗
23日 中央線沿線 3店舗

今週も、週末に予定があり、十分な時間を確保
できませんでした。

大昔にブックオフ店舗でこの曲がかかっていましたねえ。
http://sp.uta-net.com/search/movie.php?TID=193140
久しぶりに思い出しました。

やはり、移動に公共交通機関を使う場合、運搬重量に
加え、店舗間移動の所要時間がネックになります。
十分な仕入れ時間がない日の場合、この移動にかかる
所要時間がきいてきます。

丸一日使える場合には時間切れよりも気力の方が先に
尽きるので問題ありません?が、時間が限られている
場合には、気力よりも制限時間の方が先に尽きるので、
仕入れた感が不完全なまま一日を終えることと
なることもあります。


なぜ時間が足りないのかを考えてみますと、一に電車の
待ち時間、二に駅からの移動時間、ということに
なります。

電車の待ち時間は、特に日中の場合、路線や利用駅の
地位によっては、10分に一本くらいしか乗れる電車が
来ないこともあります。
たとえば、京浜東北線の場合、沢山走っているように
錯覚しますが、それは南浦和−蒲田間の話で、
その外側になると、10分に一本くらいの間隔になる
場合があるということを最近発見しました。


駅からの移動時間については、ブックオフの立地は、
駅前商店街の最も不便な場所に位置している事例が
多いことに加え、商店街ですらないところに立地している
店舗も少なくないことから、駅に着いたからといって
安心できません。
武蔵新城などは本当に商店街の(駅から見ると)場末に
立地していますし、一度、ふじみ野苗間に行ったときには、
田舎道で迷子になり、店舗到達を断念しようかと
思ったこともありました。
今ならスマホのナビで何とでもなりますが。

駅前であっても、自由が丘や町田のように、出口を
間違えると、開かずの踏切に阻まれていつまでも
店舗に到達できないことも少なからずあります。

このようなハードルを華麗に乗り越えることによって
電車仕入れが敢行できているということを考えますと、
一見誰にでもできそうな仕入れ行為は、実は種々の
ハードルでフィルタリングされて選ばれしものだけが
生き残っているかもしれないなあなどとも思います。

このほか、テナントビルの休業日だった、とか、
開店時間が変わっていた、などの理由で、行ったけど
店が閉まっていた、などの、徒労としか言いようのない
悲しい出来事も発生しうるので、気を緩めずに臨みたい
ものです。
posted by raoya at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年04月16日

社長

15日 京浜東北線沿線等 3店舗
16日 横浜線沿線 2店舗

4月も2週目に入って、遅ればせながら
ようやく売り上げの波が来た!と思ったものの、
長くは続かず、週末の陽気に誘われて、
皆さん読書どころではなくなってしまったようです。


今週末も半日コースの短縮巡回でした。
あまり大した情報を入手してはいませんが、
4月になったので、環境が変わってバイトの人にも
入れ替わりが一部見られるようです。


ブックオフの社長交代だか更迭だかのニュースは、
まあけじめという意味で順当かもしれません。
銀行出身者とコンサル出身者とのたすき掛け人事
の様相を呈していますね。
プロパー社員にも出世してもらいたいものです。

通常、トップが交代するとドラスティックな改革が
期待されるところですが、今回は、後任が内部昇格
なので、どの程度の目新しい施策を打てるのかが、
やや心もとないところです。
従来の路線を否定しづらいでしょうからね。

想定しているのは、規模を抑えて黒字化を
目指す路線でしょうか。
利用されているのを見たことがない
ハグオール事業とか、売れていそうにない
家電とかを打ち切ったり、都心大型店の
中でも撤退や移転、フロア数減などが
あるかもしれませんね。
新宿東西のような密集地区や、フロア数の
多い店舗が要注意です。

本の棚は何としてでも維持してもらいたい
ところですが。
posted by raoya at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年04月09日

意欲

8日 山手線沿線 1店舗
9日 山手線沿線等 2店舗

4月になり、桜がちゃんと開花した週であり、
いろいろ新しいことがスタートする週でも
ありますね。
通勤する身にとっては、電車が混み合う季節でも
あります。

で、正月同様、新しいことに取り組む意欲が
高まる季節でもあるので、さぞかし書籍が
飛ぶように売れるかと思いきや、どうも
出足が鈍い感触です。

去年の4月と比較すると在庫は3/4くらいに
落として(落ちて?)います。回転率は
上がっているので、不良在庫率が落ちている
だけなはずなのですが。
金額は、ぼちぼちといったところです。
売れ数が少ないと、手応えが物足りなく
感じるのは悪い癖なのかもしれません。


今週末は、他の用事を優先して、大した
仕入れをせずに過ごしました。
来週からは、そこそこ仕入れ時間を捻出
できるようになることを予定しています。
posted by raoya at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年04月02日

秘境エリアの近況視察

29日 大江戸線沿線等 3店舗
30日 中央線沿線 2店舗(うち非BO1店舗)
31日 東急線沿線 2店舗
1日 東急線沿線等 8店舗
2日 西武線沿線 5店舗

連日ブックオフに行っているので、
時間に余裕があるように映るかもしれませんが、
そんなことはなかった一週間でした。
実情は、実家関係のケアのために取得した休暇期間中の、
ひと仕事を終えた後の束の間の仕入れです。
なので、普段の週末のようなまとまった仕入れには
なっておらず、行き先にも制約がありました。

その反動と言っては何ですが、そのお役目が一段落した
週末に、多店舗への仕入れに。
特に土曜日には多くの店を回りました。
これは通常の出動時間帯に電車で回れる店舗数では
到底ないので、普段とは異なる巡回をした結果です。
会いませんかとお声がけしたブロガー氏のご厚意で、
ここ数年巡回から外していた、駅から遠く
バスルートも知らない秘境エリアの近況視察に。

まあ、秘境というのは、あくまでも私から見て秘境に
見えるだけで、例を挙げれば、コロンブスがアメリカ大陸を
発見したのと同じだと思ってください。
別に、車で動ける人にとっては秘境でも何でもありません。

とはいうものの、こちら方面に顔を出したのは、確か、
ブックオフプラスなる業態ができ始めた
頃以来ですので、相当久しぶりです。

結果ですが、店舗間の良し悪しの具合ですが、
その相当昔の頃と同じようなバランスが維持
されていました。
居住者が変わっていない等が理由になるのでしょうか。
よい店には、よいものが落ちていますね。
やはり、数よりも質です。


なお、私にとってのもう一つの秘境はと言いますと、
東久留米、栗原、東所沢といったエリアです。
こちら方面へも、とある方にお連れいただいた
東所沢を除いては、5年くらい行っていないと
思われます。
こちら方面の場合は、多少土地勘があるので、
バスルートを調査する余地はあるのですが、ただ、
相性の関係から、調査に見合う釣果が期待できない
可能性が少なからずあるため、わざわざバスで
交通費と時間をかけて敢行する踏ん切りがつかずにいます。

どなたか、ご一緒いただける奇特な方がいらっしゃれば、
行こうという気にもなるのですが。
posted by raoya at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録