2017年06月25日

寡黙なセール

24日 西武線沿線等 5店舗(うちボウズ2)
25日 東西線沿線 3店舗

今週末も前後の用事の合間を利用した行程で
あったため、行き先に制約があり、その結果
ボウズ連発に。

ちなみに、今週末は、新宿のブックオフの
開店周年記念のセールと銘打って、当該
店舗だけでなく、周辺エリアの店舗群も
巻き込んでの同時共通セールを開催して
いました。
ボウズ店舗は、そのとばっちりも多少は
あった模様。

この同時開催は、フランチャイズも巻き込んだ
ものであり、異色なものに感じられました。
最近脱落した中野エリアのフランチャイズとは
違うところを見せたかったのか、本部からの
締め付けでいやいや相乗りしたのかは不明です。
いずれにしろ、このフランチャイズらしくは
あったのですが、セールらしさはなく、非常に
寡黙なセールであり、かなり異彩を放っていました。

ちなみに、新宿の二店舗には行かなかったので、
そちらでは寡黙だったかどうかはわかりません。


日曜日に行った店舗は、これまた場当たり的に
決めた行き先だったのですが、意外なものが落ちて
いてうれしい悲鳴。っていうほどのことはありません
が、昔だったら阿鼻叫喚な釣果だったんだろうなと
思います。最近は、余程のものを見つけても、
「感動をありがとう」することもすっかりなくなり
ました。
でも、意欲や熱意の源泉は感動であることには
違いありませんので、感動を忘れないように
しながら取り組むためのスイッチを考えないと。

その意味で、普段は聞き流している店内放送で、
最近新しいのに切り替わって以降流れる乃木坂46の
この歌詞はどこかで使えるなーと思ったので引用。

「今、話したい誰かがいる」
小さい頃から ブランコが好きで
シーソーに乗っている時は ただ相手に合わせた
posted by raoya at 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年06月20日

ボウズ

11日 中央線沿線等 3店舗(うち非BO1店舗)
17日 大江戸線沿線等 2店舗
18日 京浜東北線沿線等 2店舗(うちボウズ1)

梅雨らしくない涼しさに油断して、寝冷えが原因と
思われる風邪に。
とはいうもの外出ついでに大森の移転新店舗を
視察してきました。
場所は、これまで店舗があった場所よりも駅からの距離は
若干あるものの、信号を渡る手間位の差の、西友の上階。
店舗が縮小した後のような、昔のブックオフがよく入居した
パターンにちょっと似ている感じです。大した改装も
されていない印象で、居抜き感が漂います。

が、やはり、10年前の居抜き店舗とは異なり、なんとなく
スカスカ感のある通路。以前は狭くて難儀した通路も、
広いとスカスカに感じるとは思いませんでした。


で、結果は、行かないほうがよかった、でした。
500円以上購入で190円引きという券を
握りしめて行ったものの、結果は、本邦初の、
初利用ボウズという憂き目に。

久しぶりの移転とはいえ新店舗のため顧客が
殺到したのか、はたまた、自分の頭が熱で
集中力を欠いていたからか、それとも、
最近のリサーチ不足がたたっているのか、
おそらくいずれも正しいのでしょうが、これは
意欲を減退させるには十分な状況。
ショックでブログの更新もできないほどの状態に。
…というほどではなく、体調を優先させた結果
なだけですが。


実はこの週末は、他店舗での釣果も思わしくなく、
ブログ執筆に値する情報も枯渇しつつある昨今、
更新頻度については工夫が必要かもしれないと
感じ始めています。

私生活や昼に食べたもののことをここで書きたい
とは思わないので、店と棚から元気を
もらえないことには何ともならないブログです。
とはいっても大声であいさつしたり走り回る店舗
から元気をもらえるわけではないので、難しい
ところです。

なんとか、明るい話題を手繰り寄せたいものです。
posted by raoya at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年06月10日

メルカリ

9日 通勤途上 1店舗
10日 東西線沿線等 4店舗

また日曜日に更新できない見込みのため、一日早い
更新です。とはいっても、例によって、芳しくない
活動状況が続いています。


ここのところの新たな取り組みとしては、在庫点数が
複数ある商品をメルカリに出品し始めたことです。

以前オークションに出品していた時は、デジカメで
撮影しメモリーカードでPCに転送して出品し、
振込先のやり取りをするなどかなり面倒な思いをして
対応していましたが、メルカリのスマホアプリは
撮影機能も一体化、先方とのコンタクトも最低限
であり、負担感は確かに小さいです。
しかも、出品したらほどなく反応があり売り上げにも
つながったことから、一定の効果は見込めるものと
判断しています。一円出品できない(値付けの下限は
300円)ところもポイントかもしれません。

AMAZONでFBAオンリーの人は、メルカリでちまちま
自己発送する気はないと思いますので、その点では
競争相手が限定されているかも知れません。

とはいっても、この売り上げは焼け石に水的な
ものだと思っています。メルカリでは、果たして
定価越えの本が売れるのかというと、ちょっと
懐疑的。ということは、金額的には大したものには
ならないと見込んでいます。


最近の仕入れ売り上げの不芳さ加減を考えると、
取扱商品の着眼点を変えないと回復は望めないと
考えています。果たして、それを考えるだけの
余裕があるかどうかが、今後の展望に直結する
ことでしょう。
posted by raoya at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年06月04日

意欲を削ぐ出来事

30日 通勤途上 1店舗
3日 東急線沿線 3店舗
4日 小田急線沿線 4店舗

5月の売り上げは相当悲惨な状況のまま終わりました。
調子の悪いときに具現する、在庫期間のものすごく
長いものが売れていく現象が、ここのところ頻繁に
発生しています。
今回は、マーケットプレイスの仕組みを悪用した
中華系詐欺の影響で、自己発送出品が直撃されている
という憶測もあり、予断を許しません。

マーケットプレイス全体の売り上げが落ちると、
出品者がどんどん売値を下げていくので、在庫の
潜在価値もどんどん落ちていきます。
これまで一定水準以上で必ず売れていたものの
この時期になって下値抵抗線をあっさり割り込み
そのあと回復する見込みのなさそうなほどの売り
気配が連なっている商品をいくつも目にしました。

本来レアなはずの商品の出品リストが一円刻みで
連なるのを見ることほど、崩れた相場の残酷さを
感じることはありません。


一方、仕入れの方も全くの状態です。
先月末期日だった10%引き券も、自分で持っていたら
きっと余らせてごみにしてしまったことでしょう。
ブックの日にも出動することはなく、翌30日に
出動するという体たらく。
今日は、小田急線沿線を攻めようと計画して、気合を
入れて臨んだところ、まさかの新百合ヶ丘での
人身事故。
新宿の小田急の改札口前で流れる電光掲示板と
異常事態が発生した時の特有の空気に気づいた時には
途方に暮れました。
週末に事故遭遇というのは珍しい印象です。
気を取り直して振替輸送路を考え、縮小コースに。


こんな感じで、意欲を削ぐ感じの出来事が少なくなく、
棚を見る目も曇りがちです。
やはり、売れてくれないことには仕入れの意欲が
高まらないものですね。
posted by raoya at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録