2016年11月27日

棚からの手応えの幻想

21日 通勤途上 1店舗
23日 東急線沿線 5店舗
26日 中央線沿線 1店舗
27日 中央線沿線 3店舗

今週末はブログの守備範囲外の用事のために
行先の制約を受けての仕入れとなりました。
その代わりと言っては何ですが、祝日が
あったので、勤労環境にあることに感謝しつつ
裏の勤労にいそしんできました。

折しも紅葉の季節。
といっても愛でるのは都市部での紅葉ですので、
高い期待をするわけでもなく、仕入れに向かう
車窓から眺めたり、落ち葉を踏みしめる程度の
経験で満足することとしました。

そんな無欲な姿勢で臨んだ先は、交通費と
交通の便的なパフォーマンスはあまり
よくなく、店内で棚に向かっている時の
手応えもいまいちなのですが、後日振り返ると
結果の数字だけはちゃんと出ているという、
謎のエリアの店舗群。

このエリアで購入した商品に限っては、なぜか
購入後に高騰したり、高騰とまではいかなく
とも、相場が崩れずに維持されるケースが多い
ということになっていることを意味しています。

期待値の高さの割に不便なので、ついつい
利用頻度が落ちがちなので、このような
スペシャルデイ(祝日)に行くのには
もってこいです。

今回も、そこで期待せずに購入した商品が
今まさに710→4000で保留状態になっており、
早期確定が待ち望まれているところです。

ちなみに、このような現象のことを、
一般的な言葉にすると、陳ではありますが
「相性」というのでしょう。
が、感覚的には、これらの店舗群が相性が
いいとまでは感じられないのが不思議なところ
です。
やはり、店内で棚に向かっている時に感じる
手応えが、感覚的には高い評価につながるの
でしょう。

もちろん、その逆で、棚からの手応えが
あったにもかかわらず、あとから見ると
数字が残っていない、という残念な店舗も
あります。
そのような幻想があるのなら、それを一日も
早く振り切って、ついつい行きたくなる
気持ちを抑えなければ、時間と体力を
いたずらに浪費することにつながりかねません。
こちらの見極めのほうが、実は重要かも
しれませんね。
posted by raoya at 20:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/444265444