2017年02月12日

ポイント使用促進の呼びかけ

7日 通勤途上 1店舗
10日 通勤途上 1店舗
11日 京王線沿線 3店舗
12日 山手線沿線等 2店舗

店にはそこそこ行っている感じに見えますが、
あまり落ち着いて観察できていない日々が
続いています。

行けるエリアも用事に絡めたものになることが多く、
セールでもらった2月限定クーポンも、エリアが
限定されていることで、もしかしたら結構
余らせてしまう可能性も出てきました。

しかしながら、散発的なセールが引き続き実施
されていることから、クーポン券のありがたさも
以前よりも薄まっています。


そういえば、ブックオフのメンバーズカードの
ポイントに関する店内アナウンスがよく聞かれる
ようになりました。これまでの「カードを
作りましょう」というものとは異なり、
「ポイントをどんどん使おう」みたいな
趣旨のアナウンスをしています。

期限内に使わないと無効になる、といった脅しや、
端数をポイントで払うとお財布がスリムになる、
といった内容です。お財布をスリムにしたかったら
逆にポイントカードなど持ち歩かない方がよほど
効果的に思うのですが。。。

ポイントを早く使ってもらうことが、ブックオフに
どのようなメリットになるのかは、よくわかりません。
会計上は、未利用ポイント残高から将来消費される
であろう比率を合理的に見積もって引当金計上する
ようなので、ポイントを使ってもらうことはすなわち
「未利用ポイント」の減少と「合理的に見積もった
比率」の上昇につながります。はてはて?

わからないながらも、未使用ポイント残高を
たっぷり持っている顧客と言えば、このブログの
読者の皆様くらいしかいないと思われますので、
皆さんもポイントをためずに早めに使ってあげて
ください。
ブックオフの決算の数字が改善するかもしれませんよ。

ちなみに私は、精算金額があまりに少額だった時に
全額ポイントで払う、という使い方をしています。
ということは、ポイントがたまっていないということは、
精算金額があまりに少額なことが多い、ということを
意味して、喜ばしくない状況、ということですね。
この点においては、ブックオフとは利益相反のようです。
posted by raoya at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック