2017年02月19日

戦略的な巡回

18日 東西線沿線 5店舗(うち非BO1、ボウズ1)
19日 小田急線沿線 4店舗

2月中有効の10%引き券を使うために行き先を
選ぼうとしたところ、券ごとに異なる対象店舗の
組み合わせが、微妙な程度の難易度を醸しだして
いる感がありました。
とはいうものの、券の消化を優先して、
対象店舗のうち最も相性のいい店を探すという、
戦略的な巡回先を選定。

その結果、なかなかの釣果を得られて、ほくほく。
やはり、クーポン券を使うなら得意店舗で、
ということを再確認しました。


ところで、ブックオフの各店舗ですが、結構
客足が戻ってきているような感じがしますが
皆さんの感触はいかがでしょうか。
通路をすり抜けるのに苦労する頻度が高まった
ような気もしますし、ふと脇を見ると、
ひっそりとビームで全頭している人が
いたりする場面も、次第に増えてきています。

一方、店側でも、値札シールも、「半額」とか
「○%引き」の黒っぽいシールを張る以外にも、
独自の中間的な価格への値下げを敢行している
店舗もあったりし、そういったことの相乗効果が
徐々に表れてきているのかもしれません。

気になるのは買取がどの程度潤っているのか、
です。客足がよくても、置いてある商品が
ありふれたものばかりでは、仕入れ先としては
先細りです。店内放送では、そのあたりの活況は
それほど感じられなかったので、ぜひ、魅力ある
買取手法を考案してもらって、在庫の良質化に
取り組んでもらいたいものです。


そのほか、ブックオフはプレミアムフライデイに
参加、というニュースを見ましたが、内容が、
ややあいまいな感じの、「1000円以内の
お好きな本一冊無料」という企画。

レジに並んだ人の買おうとしている本の会計から
1冊分の値段を引くんでしょうか?だとすると、
高価な本を買おうとした人には恩恵がないのが
寂しいところです。

どうせなら、AMAZONでプレミアム価格の
ついている本を一冊無料でくれればいいのにと
思ったりしましたが、一般来店者は別に
うれしくないでしょうね。

該当店は、せっかくですから、この日に合わせて、
1000円以上の値札のついている本をみんな
1000円に価格改定するなどの工夫をして、
せっかく考えた企画の効果を存分に上げて
もらいたいところです。
posted by raoya at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/447131659