2017年06月04日

意欲を削ぐ出来事

30日 通勤途上 1店舗
3日 東急線沿線 3店舗
4日 小田急線沿線 4店舗

5月の売り上げは相当悲惨な状況のまま終わりました。
調子の悪いときに具現する、在庫期間のものすごく
長いものが売れていく現象が、ここのところ頻繁に
発生しています。
今回は、マーケットプレイスの仕組みを悪用した
中華系詐欺の影響で、自己発送出品が直撃されている
という憶測もあり、予断を許しません。

マーケットプレイス全体の売り上げが落ちると、
出品者がどんどん売値を下げていくので、在庫の
潜在価値もどんどん落ちていきます。
これまで一定水準以上で必ず売れていたものの
この時期になって下値抵抗線をあっさり割り込み
そのあと回復する見込みのなさそうなほどの売り
気配が連なっている商品をいくつも目にしました。

本来レアなはずの商品の出品リストが一円刻みで
連なるのを見ることほど、崩れた相場の残酷さを
感じることはありません。


一方、仕入れの方も全くの状態です。
先月末期日だった10%引き券も、自分で持っていたら
きっと余らせてごみにしてしまったことでしょう。
ブックの日にも出動することはなく、翌30日に
出動するという体たらく。
今日は、小田急線沿線を攻めようと計画して、気合を
入れて臨んだところ、まさかの新百合ヶ丘での
人身事故。
新宿の小田急の改札口前で流れる電光掲示板と
異常事態が発生した時の特有の空気に気づいた時には
途方に暮れました。
週末に事故遭遇というのは珍しい印象です。
気を取り直して振替輸送路を考え、縮小コースに。


こんな感じで、意欲を削ぐ感じの出来事が少なくなく、
棚を見る目も曇りがちです。
やはり、売れてくれないことには仕入れの意欲が
高まらないものですね。
posted by raoya at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック