2017年07月08日

買取番号札

4日 通勤途上 1店舗
5日 通勤途上 1店舗
8日 山手線沿線 2店舗

日曜日は用事につき一日早い更新です。

九州方面は福岡・大分で豪雨で大変な状況だったと
察し申し上げます。東京の方も大雨となった局面も
ありましたが、総じて夏が到来したような気候でした。


今週は、ウィークデイに比較的余裕があったので
少しだけ視察の時間を捻出することができました。
視察と言っても、口を半開きにしながらぼーっと
棚を眺めて、見たことのある本をちょっと買った
だけですが。

週末は、例によって行き先に制約があり、あまり
手広い仕入れができずにいます。とはいっても、
制約がなくても、行きたい店が時とともに減ってきて
いるという、危機的な状況も進行しています。


この週に行ったBO店舗で気づいたことですが、
買取の番号札の数字の桁数が多くなったかも?と
感じました。
以前ですと、2桁か、複合店であればアルファベット
か色+2桁といった感じでしたが、複数の店で、
3桁の番号で呼び出しを行っていまいた。

ブックオフに最後に買取に出してから早〇年の
私には、買取フローの詳しいことはわかりませんが、
買取番号札を100枚以上ストックしているわけでは
ないと思いますので、何らかのシステム化が実現した
のかなあなどと思いながら聞き流していました。

システム化とは、たとえば、買取査定履歴について
全店共通の通し番号を導入し、データベース化する
などです。
たとえば、レアものの持ち込みがあって、査定用に
バーコードを読み取ったら、その瞬間に本部から、
店舗に並べずにオンラインかヤフオクで売るように
指令が飛んだりする仕組みができたのであれば、
それは脅威ですね。

実際のところはどうなのか、ご存知の方がいたら
ぜひ教えてください。
posted by raoya at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック