2017年11月13日

手数料改定の影響

11日 山手線沿線等 2店舗
12日 中央線沿線 2店舗

AMAZONのカテゴリー成約料と送料の15%に
対する手数料徴収が始まりました。
私は現在全品自己発送なので、直撃を受けて
います。
こちらでは、10月24日に売れた分から
新しい手数料徴収体系が適用され、ちょっと
日がたってしまいましたが、先日初めて
その期間を含む売上金が入金されました。

思った以上に効いています。

これはいかんとばかりに、これと抱き合わせて
自由化が実現した送料設定の見直しを検討。
(ちょっと暢気すぎますね。ほんとうであれば
あらかじめ手を打っておくのが当然だと思います。)

検討に際して、他の出品者の動向をを見ますと、
事前予想では送料値下げの方向感かと思って
いたところが、損益分岐点が大きく上がった
せいでしょうか、送料を値上げしているところが
思いのほか多い感触です。

個人的には、実際にかかっている送料から
乖離した送料額を設定するのは気が引ける
一方で、トータルの収支を考えるとそれなりの
送料を置かなければいけないという葛藤が
あります。
いっそのこそ、FBAと同じように送料0に
してしまっては、とすら感じ始めています。
実際にそのようにしているところもあります。

適正水準については、もうしばらく試行錯誤
するかもしれません。


仕入の方は、またもや小ぢんまりとした活動に。
往年の3分の1くらいの収穫の週が続きます。
売り上げや利益はそこまで落ちていないので、
その頃よりは腕が上がったのでしょうか?
いや、決してそんなわけではないでしょう。
利益率を維持しながら多く仕入れるのは
点数が増えるほど難しくなるわけですから、
上澄みだけをちょっとさらっている程度になって
いるということになります。

先日は、9月に引き続いて、売り上げゼロの
快挙が。こんなことは相当期間なかったの
ですが。。。
posted by raoya at 22:20 | Comment(0) | 仕入れの記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: