2018年04月08日

至極当然

7日 京急線沿線等 3店舗
8日 銀座線沿線等 3店舗(内ボウズ1)

4月になったにもかかわらず、向学心にあふれる注文が
乏しい状態が続いています。向学心は1,2月で
出尽くして枯渇してしまったのでしょうか?


この週末のうち一日は、以前は得意だったけれども
店舗環境が変遷する中で結構厳しい状況になってきている
エリアの店に行って撃沈してきました。

得意な店とそうでない店の何が違うのかが大変気になります。
よくある推測1は、相場の高い商品は店頭に並べずに
オンライン販売に回している説。フランチャイズ店舗に
ありがちです。
よくある推測2は、店舗と提携している業者がいて
店頭に並べる前にスキャンさせている説。

が、これらはすべての購入者に等しく影響が出るので、
得意店舗が人によって違う状況下ではあてはまらなさ
そうです。

推測3。良品が棚に並ぶジャンルに偏りがある。
推測4。店舗定型業者の取り扱いジャンルに偏りがある。

これならば、ありえそうです。要は、自分の取り扱い
ジャンルの良品が棚に並びやすい店舗を重点的に回れば
いいわけです。

ただ、これは時とともに移ろいゆくので、変化を
モニタリングする必要があります。得意店舗が
そうでなくなってからモニタリングを開始したのでは
厳しい期間の長期化が見込まれますので、先手を打って
おかなければいけません。

今回は、そのモニタリングに行ったことになるわけですが、
状況に改善の兆候が見られなかった、ということになります。
特に交通の便の悪いエリアの場合は、これを機に行く機会を
激減させざるを得ない状況になるわけです。

なんとなく、至極当然のことを書いてしまいました。
しょうもないことを書いてしまい、すみません。
posted by raoya at 22:35 | Comment(0) | 仕入れの記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: