2017年04月23日

時間が足りない

22日 西武線沿線 1店舗
23日 中央線沿線 3店舗

今週も、週末に予定があり、十分な時間を確保
できませんでした。

大昔にブックオフ店舗でこの曲がかかっていましたねえ。
http://sp.uta-net.com/search/movie.php?TID=193140
久しぶりに思い出しました。

やはり、移動に公共交通機関を使う場合、運搬重量に
加え、店舗間移動の所要時間がネックになります。
十分な仕入れ時間がない日の場合、この移動にかかる
所要時間がきいてきます。

丸一日使える場合には時間切れよりも気力の方が先に
尽きるので問題ありません?が、時間が限られている
場合には、気力よりも制限時間の方が先に尽きるので、
仕入れた感が不完全なまま一日を終えることと
なることもあります。


なぜ時間が足りないのかを考えてみますと、一に電車の
待ち時間、二に駅からの移動時間、ということに
なります。

電車の待ち時間は、特に日中の場合、路線や利用駅の
地位によっては、10分に一本くらいしか乗れる電車が
来ないこともあります。
たとえば、京浜東北線の場合、沢山走っているように
錯覚しますが、それは南浦和−蒲田間の話で、
その外側になると、10分に一本くらいの間隔になる
場合があるということを最近発見しました。


駅からの移動時間については、ブックオフの立地は、
駅前商店街の最も不便な場所に位置している事例が
多いことに加え、商店街ですらないところに立地している
店舗も少なくないことから、駅に着いたからといって
安心できません。
武蔵新城などは本当に商店街の(駅から見ると)場末に
立地していますし、一度、ふじみ野苗間に行ったときには、
田舎道で迷子になり、店舗到達を断念しようかと
思ったこともありました。
今ならスマホのナビで何とでもなりますが。

駅前であっても、自由が丘や町田のように、出口を
間違えると、開かずの踏切に阻まれていつまでも
店舗に到達できないことも少なからずあります。

このようなハードルを華麗に乗り越えることによって
電車仕入れが敢行できているということを考えますと、
一見誰にでもできそうな仕入れ行為は、実は種々の
ハードルでフィルタリングされて選ばれしものだけが
生き残っているかもしれないなあなどとも思います。

このほか、テナントビルの休業日だった、とか、
開店時間が変わっていた、などの理由で、行ったけど
店が閉まっていた、などの、徒労としか言いようのない
悲しい出来事も発生しうるので、気を緩めずに臨みたい
ものです。
posted by raoya at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年04月16日

社長

15日 京浜東北線沿線等 3店舗
16日 横浜線沿線 2店舗

4月も2週目に入って、遅ればせながら
ようやく売り上げの波が来た!と思ったものの、
長くは続かず、週末の陽気に誘われて、
皆さん読書どころではなくなってしまったようです。


今週末も半日コースの短縮巡回でした。
あまり大した情報を入手してはいませんが、
4月になったので、環境が変わってバイトの人にも
入れ替わりが一部見られるようです。


ブックオフの社長交代だか更迭だかのニュースは、
まあけじめという意味で順当かもしれません。
銀行出身者とコンサル出身者とのたすき掛け人事
の様相を呈していますね。
プロパー社員にも出世してもらいたいものです。

通常、トップが交代するとドラスティックな改革が
期待されるところですが、今回は、後任が内部昇格
なので、どの程度の目新しい施策を打てるのかが、
やや心もとないところです。
従来の路線を否定しづらいでしょうからね。

想定しているのは、規模を抑えて黒字化を
目指す路線でしょうか。
利用されているのを見たことがない
ハグオール事業とか、売れていそうにない
家電とかを打ち切ったり、都心大型店の
中でも撤退や移転、フロア数減などが
あるかもしれませんね。
新宿東西のような密集地区や、フロア数の
多い店舗が要注意です。

本の棚は何としてでも維持してもらいたい
ところですが。
posted by raoya at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年04月09日

意欲

8日 山手線沿線 1店舗
9日 山手線沿線等 2店舗

4月になり、桜がちゃんと開花した週であり、
いろいろ新しいことがスタートする週でも
ありますね。
通勤する身にとっては、電車が混み合う季節でも
あります。

で、正月同様、新しいことに取り組む意欲が
高まる季節でもあるので、さぞかし書籍が
飛ぶように売れるかと思いきや、どうも
出足が鈍い感触です。

去年の4月と比較すると在庫は3/4くらいに
落として(落ちて?)います。回転率は
上がっているので、不良在庫率が落ちている
だけなはずなのですが。
金額は、ぼちぼちといったところです。
売れ数が少ないと、手応えが物足りなく
感じるのは悪い癖なのかもしれません。


今週末は、他の用事を優先して、大した
仕入れをせずに過ごしました。
来週からは、そこそこ仕入れ時間を捻出
できるようになることを予定しています。
posted by raoya at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年04月02日

秘境エリアの近況視察

29日 大江戸線沿線等 3店舗
30日 中央線沿線 2店舗(うち非BO1店舗)
31日 東急線沿線 2店舗
1日 東急線沿線等 8店舗
2日 西武線沿線 5店舗

連日ブックオフに行っているので、
時間に余裕があるように映るかもしれませんが、
そんなことはなかった一週間でした。
実情は、実家関係のケアのために取得した休暇期間中の、
ひと仕事を終えた後の束の間の仕入れです。
なので、普段の週末のようなまとまった仕入れには
なっておらず、行き先にも制約がありました。

その反動と言っては何ですが、そのお役目が一段落した
週末に、多店舗への仕入れに。
特に土曜日には多くの店を回りました。
これは通常の出動時間帯に電車で回れる店舗数では
到底ないので、普段とは異なる巡回をした結果です。
会いませんかとお声がけしたブロガー氏のご厚意で、
ここ数年巡回から外していた、駅から遠く
バスルートも知らない秘境エリアの近況視察に。

まあ、秘境というのは、あくまでも私から見て秘境に
見えるだけで、例を挙げれば、コロンブスがアメリカ大陸を
発見したのと同じだと思ってください。
別に、車で動ける人にとっては秘境でも何でもありません。

とはいうものの、こちら方面に顔を出したのは、確か、
ブックオフプラスなる業態ができ始めた
頃以来ですので、相当久しぶりです。

結果ですが、店舗間の良し悪しの具合ですが、
その相当昔の頃と同じようなバランスが維持
されていました。
居住者が変わっていない等が理由になるのでしょうか。
よい店には、よいものが落ちていますね。
やはり、数よりも質です。


なお、私にとってのもう一つの秘境はと言いますと、
東久留米、栗原、東所沢といったエリアです。
こちら方面へも、とある方にお連れいただいた
東所沢を除いては、5年くらい行っていないと
思われます。
こちら方面の場合は、多少土地勘があるので、
バスルートを調査する余地はあるのですが、ただ、
相性の関係から、調査に見合う釣果が期待できない
可能性が少なからずあるため、わざわざバスで
交通費と時間をかけて敢行する踏ん切りがつかずにいます。

どなたか、ご一緒いただける奇特な方がいらっしゃれば、
行こうという気にもなるのですが。
posted by raoya at 17:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年03月26日

電話対応

25日 中央線沿線 1店舗
26日 京王線沿線等 5店舗(うちボウズ1、非BO1)

今週はウィークデイの仕入れはなし、週末も片方だけの
活動でした。例にもれず実家関係の用事が継続的にあり、
仕入れがその合間になることが増えています。

今日は時間が自由になったので雨の中出かけましたが、
事前調査時間を確保できなかったこともあり、やや
中途半端な釣果に終わりました。

雨だったせいもあり、店内はやや閑散。店内トピックと
いえば、店員がそばで電話応対をしていたのが耳に
はいったくらいでしょうか。

どうやら、購入したCDの中身が相違していたという
照会があった模様。その店員は、店内在庫を確認し、
1点あったので、それを郵送するか来店渡しで
対応したいと提案、相違の品は返品不要と
言っていました。

この、商品の誤発送は、我々としても、他人事では
ありません。差し替えるパターンと、そのまま
差し上げてしまうパターンとがあり、以前は
前者を採用していました。
商品を大事にする姿勢を見せたかったからです。
でも、最近は、単価の低いもので起こった場合、
後者を自然と選ぶようになりました。
短時間で解決したほうが煩わしくなかろうという
ことです。きっと多くの方がそのようにされて
いるのだとは思いますが。


売り上げの方は、しばらくパッとしません。
だいたい想定はしていましたが、2月よりは
ましだけれどもいまいち、といった程度です。
4月になり、向学心に燃える、フレッシュな方
からの注文をお待ちしています。
posted by raoya at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年03月19日

不完全燃焼

12日 銀座線沿線等 2店舗
18日 中央線沿線 3店舗
19日 西武線沿線 2店舗

あまりブログに関連するネタについて気にかける
時間を確保できないままに過ぎた一週間でした。

中央線沿線の店だけに行った日や、行った店舗数が
2店舗以下の日というのは、動き回れる時間を
まとまって確保できなかったことを意味しています。

そんな中で気づいたことと言えば、店舗に客足が
結構戻っているのではなかろうかということです。
しばらく前までは、目を覆いたくなるほどの惨状
だったのが、最近は店内移動に苦労する場面が
少なからず発生しています。

棚の魅力については、残念ながら十分に観察できて
いるわけではありませんので、あまり大したことは
言えませんが、収穫的には特にひどい状態というほど
でもない、といった感じです。
値引きを積極的に行っている店舗もあるので、
そういうところから丹念に拾っていければ、
そこそこ、といったところでしょうか。


売り上げの方は、多少は高いものも売れていっては
いますが、すごいというほどでもない程度。
やや不完全燃焼気味です。
時間はそこそこかけていますが、あまり注力して
いるとはいえない状態なので、不完全燃焼でも
やむなしといったところでしょうか。

投稿の内容も不完全燃焼になってしまいました。
来週も、同じような感じになる可能性が高そう
です。
posted by raoya at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年03月11日

違うことをすることの効用

9日 通勤途上 1店舗
11日 小田急線沿線等 4店舗

明日は更新が難しい予定なので、一日早い更新です。

先週は二日遅い更新だったので、更新日を定める
ことの意味が薄れつつありますが、目標日を
設定しておかないと、きっと更新をしなくなって
しまうので、ベースは変更せずにおきます。


土曜日には、巡回可能時間はそれほどなかったの
ですが、ちょっと趣向を変えて、普段は行かない
旅行のようなエリアに遠出してきました。
とはいっても何の観光もしませんでしたが。

ブックオフに地域性を求めるのはもはや一部の
フランチャイズ以外では不可能になっています
ので、期待したのは地域性ではありません。

たまに違うエリアや店に行くことは、直接的な
利益につながらなかったとしても、間接的には
一定の効果を生み出しているはずだと思っています。

普段と違うことを行うことは、慣れで無意識に行動
している日常とは異なり、行動に注意力が必要と
されます。注意力を使う機会を意識的に作ることが、
アンテナを高めることにつながり、それが新しい
手法の発見に結びつくこともあると思います。

で、今日発見した新しい手法ですが、乗り換えの
電車が来るまで10分待たされたので、待ち時間を
駅構内で昼食の時間に充てました。そうしたら、
それ以外の電車はすべて最速のものに乗れ、しかも
座れ、時間を効率的に使うことができるという
好循環に。

…手法というほどでもないことで、すみません。
店舗では、あいにく何も発見できませんでした。

買って帰った商品は、どこの店で見つけても
おかしくないようなものばかり、といった
ごく当たり前のことに。


ちなみに、2月と3月に使える10%引き券の裏に、
対象店舗が印字されていますが、あれを見て
確認している店員はまずいませんね。
違う券を出しても、そのまま通用しそうです。
posted by raoya at 19:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年03月07日

送料動向

3日 通勤経路 1店舗
4日 東急線沿線等 4店舗
5日 京葉線沿線等 3店舗

時間の都合がつかず更新が遅れました。
移動時間中などに書く習慣があれば時間の
都合も付けられるのでしょうが、なかなか
慣れないことはできません。

スマートホンを少し新しいものに買い
替えたので、折を見てそういうことも
やってみようかと思います。


3月になりました。
2月はかなり低空飛行になってしまい、去年の
6〜8月並でした。
これは、オリンピックのとばっちりで売れなかった
時と一緒ということになりますが、先月はオリン
ピックがあったわけではないので、単に実力の
低迷ということかと思います。
あまり注力できていないので、きっと、ほんとうに
実力が落ちているのだと思います。

せめて、実力と売り上げのどちらかは高水準で
推移しておきたいものだと思いますが、なかなか
本件の優先順位を上に持っていくことができない
程度の多忙さが継続している状態ですので、
しばらくは貧弱な売り上げでも辛抱かなと
思っています。

だったら、店に行く時間を削って、余裕を作れば
いいのではないか、といった考え方もあると
思いますが、ついつい余裕なくても店には
行ってしまうんですよね。。。


3月になりましたので、手元にある10%引き券を
眺めて、どの店に行くのが効果的かなあなどと
考えます。考えすぎて、今週はちょっと変なルートで
無駄に交通費を使ってしまいました。
でも、釣果があれば交通費など大したことはありません。


ヤマト運輸が宅配の量を減らすなどの報道を小出しに
流し、一般人の同情をうまく集めたうえでAMAZONに
世論を使って圧力をかけようとしている感じでしょうか。
大口料金の値上げは、プライムやFBAなどには不利に
働くことでしょう。
私は今はFBAを使っていないので、むしろ追い風になる
可能性もありますが、自分自身の発送コストが上がる
恐れもあり、現時点においては成り行きを見守る、
といったところです。
もし値上げになったら、利ザヤの薄い商品の出品を
取り下げるなどの対応を迫られることになりそうです。

まあ、昔は購入者から徴収する送料も今よりも高かった
わけですから、究極的にはそこに戻るということも
あるのかもしれません。
posted by raoya at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年02月25日

予定の合間

21日 通勤途上 1店舗
24日 中央線沿線 3店舗(うち非BO1店舗)
25日 西武線沿線 2店舗

明日夜に予定あり、かつ、観察不足につき、一日早く
かつ内容の薄い状態での更新です。


仕入れはそこそこ行っているものの、予定の合間を縫って
という感じで、レベル中くらいの相性の店舗を中心に
回った感じになっています。

仕入れに対する熱意が高まっているときには、新規発掘
商品を仕入れることが多いのですが、意欲が低下している
時には、脳にインプット済みの定番商品ばかりを仕入れる
ことが多くなります。

定番仕入れ率は特に最近高くなっていますが、今週は、
特段意欲が高まったわけではありませんが
新規発掘商品を比較的多く仕入れることとなりました。
ただし、この場合、本当に一時的に高騰した商品を高嶺
掴みした可能性も否定できません。
時がたてば、その意義は総括されることでしょう。


売り上げについては、2月らしい状況が続いています。
そのようなときにありがちな、長期不良在庫が勢いよく
売れていったりしています。
不良在庫がさばけていくことも重要な進捗なので、
よしとしています。
posted by raoya at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年02月19日

戦略的な巡回

18日 東西線沿線 5店舗(うち非BO1、ボウズ1)
19日 小田急線沿線 4店舗

2月中有効の10%引き券を使うために行き先を
選ぼうとしたところ、券ごとに異なる対象店舗の
組み合わせが、微妙な程度の難易度を醸しだして
いる感がありました。
とはいうものの、券の消化を優先して、
対象店舗のうち最も相性のいい店を探すという、
戦略的な巡回先を選定。

その結果、なかなかの釣果を得られて、ほくほく。
やはり、クーポン券を使うなら得意店舗で、
ということを再確認しました。


ところで、ブックオフの各店舗ですが、結構
客足が戻ってきているような感じがしますが
皆さんの感触はいかがでしょうか。
通路をすり抜けるのに苦労する頻度が高まった
ような気もしますし、ふと脇を見ると、
ひっそりとビームで全頭している人が
いたりする場面も、次第に増えてきています。

一方、店側でも、値札シールも、「半額」とか
「○%引き」の黒っぽいシールを張る以外にも、
独自の中間的な価格への値下げを敢行している
店舗もあったりし、そういったことの相乗効果が
徐々に表れてきているのかもしれません。

気になるのは買取がどの程度潤っているのか、
です。客足がよくても、置いてある商品が
ありふれたものばかりでは、仕入れ先としては
先細りです。店内放送では、そのあたりの活況は
それほど感じられなかったので、ぜひ、魅力ある
買取手法を考案してもらって、在庫の良質化に
取り組んでもらいたいものです。


そのほか、ブックオフはプレミアムフライデイに
参加、というニュースを見ましたが、内容が、
ややあいまいな感じの、「1000円以内の
お好きな本一冊無料」という企画。

レジに並んだ人の買おうとしている本の会計から
1冊分の値段を引くんでしょうか?だとすると、
高価な本を買おうとした人には恩恵がないのが
寂しいところです。

どうせなら、AMAZONでプレミアム価格の
ついている本を一冊無料でくれればいいのにと
思ったりしましたが、一般来店者は別に
うれしくないでしょうね。

該当店は、せっかくですから、この日に合わせて、
1000円以上の値札のついている本をみんな
1000円に価格改定するなどの工夫をして、
せっかく考えた企画の効果を存分に上げて
もらいたいところです。
posted by raoya at 20:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年02月12日

ポイント使用促進の呼びかけ

7日 通勤途上 1店舗
10日 通勤途上 1店舗
11日 京王線沿線 3店舗
12日 山手線沿線等 2店舗

店にはそこそこ行っている感じに見えますが、
あまり落ち着いて観察できていない日々が
続いています。

行けるエリアも用事に絡めたものになることが多く、
セールでもらった2月限定クーポンも、エリアが
限定されていることで、もしかしたら結構
余らせてしまう可能性も出てきました。

しかしながら、散発的なセールが引き続き実施
されていることから、クーポン券のありがたさも
以前よりも薄まっています。


そういえば、ブックオフのメンバーズカードの
ポイントに関する店内アナウンスがよく聞かれる
ようになりました。これまでの「カードを
作りましょう」というものとは異なり、
「ポイントをどんどん使おう」みたいな
趣旨のアナウンスをしています。

期限内に使わないと無効になる、といった脅しや、
端数をポイントで払うとお財布がスリムになる、
といった内容です。お財布をスリムにしたかったら
逆にポイントカードなど持ち歩かない方がよほど
効果的に思うのですが。。。

ポイントを早く使ってもらうことが、ブックオフに
どのようなメリットになるのかは、よくわかりません。
会計上は、未利用ポイント残高から将来消費される
であろう比率を合理的に見積もって引当金計上する
ようなので、ポイントを使ってもらうことはすなわち
「未利用ポイント」の減少と「合理的に見積もった
比率」の上昇につながります。はてはて?

わからないながらも、未使用ポイント残高を
たっぷり持っている顧客と言えば、このブログの
読者の皆様くらいしかいないと思われますので、
皆さんもポイントをためずに早めに使ってあげて
ください。
ブックオフの決算の数字が改善するかもしれませんよ。

ちなみに私は、精算金額があまりに少額だった時に
全額ポイントで払う、という使い方をしています。
ということは、ポイントがたまっていないということは、
精算金額があまりに少額なことが多い、ということを
意味して、喜ばしくない状況、ということですね。
この点においては、ブックオフとは利益相反のようです。
posted by raoya at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年02月05日

店舗の分布と棚の質

1日 通勤途上 1店舗
3日 通勤途上 1店舗
4日 山手線沿線等 4店舗(うちボウズ1)
5日 山手線沿線 1店舗

今更記事にしても乗り遅れ感が満載なのですが、
先月の27日に、ブックオフが決算予想の
下方修正を発表していました。
サイトに掲載されたプレスリリースによると、
下方修正の理由として以下のようなことが書いて
あります。
--
売上高については、全体の80%超を占めるリユース店舗事業において、前期に開始した中古家電販売
を中心に既存店売上高を対前年比 105%水準まで伸ばす想定でありましたが、主力商材である書籍、ソフ
トメディア、アパレルの販売が低調に推移し、秋口から年末年始にかけて追加で実施した各種セール施策
による回復効果も限定的であったため、既存店売上高が前年並みにとどまり、同事業の売上高が想定を
下回る見通しとなりました。
(中略)
ハグオール事業においては、大型物流倉庫への移転により流通量を大幅に伸ばす計画でありましたが、想定した仕入高及び在庫量を確保できず
--

書籍、ソフト、アパレルが予想以下、セールも期待に
届かず、ハグオールも散々、という、八方ふさがりの
状況のようです。

その結果、役員報酬減と、減配して代わりに株主優待を
手厚くするという対応。株主に不良在庫を引き取って
もらおうという魂胆です。

家電はダメだったとは書いてありませんが、実際には
どうだったのでしょうか。


本がダメとなると、本が品ぞろえの中心となる小型店舗は
再度縮小していく可能性があるかもしれません。
また、店舗規模が大きいとは言えないフランチャイズの
撤退が加速する可能性もあり、その場合には経営指導料
収入の減少も見込まれます。

株主ではないのでブックオフの収益の多寡は気にしては
いないのですが、店舗の分布と棚の質については維持して
もらいたいので、そのための施策についてはきちんと
手を打ってもらいたいものです。
あまりにも店舗を極端に絞り込んだりすると、セールの
時に実施店舗に特殊顧客が集中して阿鼻叫喚が繰り広げ
られたりするので困ります。
店舗は、適度に各方面に散らばっていた方が、たとえ
どこも変わり映えしない棚ばかりであったとしても、
いろいろな意味で効用はあるのです。

そのあたりは、ぜひよろしくお願いしたいものです。


あとは、最近時折見かける、店舗限定の割引券ですが、
対象店舗がずらーっと列挙されているのはものすごく
わかりづらいですね。顧客目線に立ったサービスの
励行をお願いしたいものです。
一つの店しか利用しない客にとってはどうでもいい話
ですが、そうではない人にとっては、あれは嫌がらせと
感じられても仕方ありません。レジで提示したら、
店員が時間をかけて自店か対象かどうか確認した挙句
「うちでは使えません」では、客を怒らせるばかりです。

エリアで何らかの色を付けたいのかもしれませんが、
客の感情を動かさずに実現する方法はいくらでも
あるはずです。
たとえば、クーポンの発行店を印字し、どこで発行して
どこで使われたかを記録して、社内で収益を付け替えれば
いい話だと思います。
この点についても、ぜひよろしくお願いします。
posted by raoya at 20:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年01月29日

冬の時代へ

27日 総武線沿線 2店舗
28日 京浜東北線沿線等 2店舗
29日 山手線沿線等 3店舗

今週も、それほどフルに仕入れに充てた感のない週でした。
私の仕入れ手法としては、店舗での活動のみならず
事前調査の程度が収穫に影響するのですが、それを十分に
行う時間を2週連続で確保できなかったのですが、
そのことも手応えの低さに影響しています。

店によっては、単行本や雑誌のセール等を行っていた
ようでした。さらに、29日はブックの日。しかし、
もはや、ブックの日は普通の週末のセールと何ら
変わりのない状況に成り下がっており、今回のように
土日がブックの日に当たった場合には、特に何もしていない
かのような錯覚にすら陥りました。

店内が以前のように客がいることで活気づいているのは
たいへんいいことではあるのですが、その一方で、
棚の方がちょっと涸れてきているような懸念が。

一応、買取のキャンペーンも打ってはいるようですが、
バンバン来ているような感じには見えていません。

ということになると、この先しばらくは、冬の時代を
耐え忍ばなければならないかもしれません。

今週末は、あまりおもしろいものに出会えなかったので、
ランクの高い薄利商品が仕入れの中心になりました。


売り上げの方は、隔日で低調と好調とが交互に
現れる、AMAZONの恣意性を感じさせられるような
日々が続いています。
できれば、日々均等に売れていってくれた方が
精神的や労力的には助かるのですが。
posted by raoya at 21:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年01月22日

1月効果

17日 通勤途上 1店舗
20日 通勤途上 1店舗
21日 京急線沿線等 3店舗
22日 西武線沿線 1店舗

今週末は体調がやや思わしくなく、用事もあったことで
あまり当ブログの範疇においては活動的ではない週と
なってしまいました。ですので、ネタを吟味する余裕が
なく、短文でご容赦のほど。


週末にはセールしている店には当たらなかったのですが、
中には平日でもセールしている店がありますね。
しかも、セール対象商品の中にお宝が混じっている、
という、どうなっちゃったの状態。

ただ、店によってお宝埋蔵状況の落差が顕著になって
きています。
やはり、結局は、刈られた店か刈られてない店かの違い、
在庫補充が潤沢な店と貧弱な店との違いでしょう。


売り上げの方は1月効果というものなのか、かなりよい
状況です。上記の平日セールで発見したお宝がその翌日に
旅立って行ったりとか、先週不得意店で買えたダメもと
値付けの商品がそのまま売れていったりとか。
このような波がどのようにして生まれるのかを知りたい
ものです。
posted by raoya at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年01月15日

トランプ効果

9日 東急線沿線等 4店舗
14日 山手線沿線 2店舗(うちボウズ1)
15日 東急線沿線等 4店舗(うちボウズ1)

もうとっくの昔になった感がありますが、
つい一週間前は成人の日でした。

成人の日と言えば、何年か前に新横浜のブックオフに
行ったら、横浜アリーナに向かう新成人の群れに
遭遇したことがありました。
他には、大雪に遭遇して中央線が止まったので
阿佐ヶ谷のパールセンター商店街に逃げ込んで
丸の内線に出て何とかしようと思ったら、
アーケードが途中までしかなくて大変だったことも
今となってはいい思い出です。

今年は、新成人を、横浜駅でお見かけすることに。

新成人数も、今後徐々に減っていくと思われますので、
新成人を見かけたらラッキー、みたいな、その年の
運試しのようになっていくのかも知れません。

逆に、ご老人は、いやでも見ることに。
でも、我々としては、このご老人の皆様が、
紙での読書習慣を後生大事に継続していただくことが
売り上げにつながっていくわけですから、
このようなご老人の購買行動を精一杯支えていかなく
てはなりません。

成人の日の季節に敬老の日みたいなコメントで
申し訳ありません。


で、この週の仕入れですが、セールを行っていた
9日については、なかなか刺激的な仕入れを行うことが
できました。
それも、なりふり構わない各店舗のセールのおかげで、
転売目的購入者が各地に適度に分散した結果、
3連休の最終日でありながら、お宝が発掘されずに
秘蔵されているということにつながったわけです。

しかしながら、お宝が秘蔵されているとはいっても
棚に晒されている限りは、いつの日か刈り取られていく
宿命にあります。
毎年、正月のセールと、ゴールデンウィークのセールの
あとは、棚は貧相に成り果てます。仕入れ環境の難しい
時期は、もう目の前に来ていると言っていいと思います。


とはいっても、この週末も、これまであまり良い釣果を
得られていなかった店舗にびっくりするようなものが
落ちていたりと、去年とはどうやら雲行きが違って
きています。
去年の11月以降、以前と違うことがあったら何でも
とりあえず「トランプ効果」と言っておけば
間違いない、という空気が蔓延していますが、これも
もしかしたらトランプ効果なんでしょうか。


これ、以前新品在庫切れでおいしい思いをしたことが
あるのですが、その後、話題性が下火になった時期に売り
そびれたと思ってちょっと値を下げて売ってしまいました。
選挙結果判明まで温存しておけばよかった。
今は新品在庫が安定供給されているのでスコープ外です。

posted by raoya at 20:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2017年01月08日

スタートダッシュ

1日 京王線沿線等 5店舗(うちボウズ1)
7日 小田急線沿線等 6店舗
8日 東急線沿線等 4店舗(うちボウズ1)

本年もご愛顧のほどよろしくお願いします。

さて、正月は仕入れに行かない予定と予告していたものの、
結果は、元旦の予定が変わって、結果としてはそれなりに
フルに仕入れで過ごす結果に。
ただ、もともとフルに使う予定ではなかったことで、
場当たり的に行き先を決めたことが裏目に出て、
行程の途中で、メインの店舗が元旦に休みで
あることに途中で気づきました。
その結果、特段得意でもない店ばかりを回る結果に。
まあ、店に到着してから開いていないことに
気付くよりはましだった、と自分を納得させました。


翌週の、成人の日を含む3連休は、どの店も大々的に
セールをしていましたね。かごに満載しているかたも
少なからずお見受けしました。
店によって、セールの対象や度合いが違っていましたが、
各店舗とも業績回復に向けて、この週で何とか目鼻を
つけたいという熱い思いが伝わってきます。
年初めのスタートダッシュですね。

おかげで、日曜日には早くも棚の状態が貧相になって
いる店舗もありました。
この日は、セールをまったくやっていない店舗にも
行ったのですが、そこでお宝ゲット。やはり、
「人の行く裏に道あり花の山」との相場格言は
真実のようです。
http://www.jsda.or.jp/manabu/proverb/contents/proverb03.html


土曜日には、これまでの最遠距離の店よりも先まで
足を伸ばしてみました。
上空を軍用機が轟音を上げながら飛び交うエリアです。
年始なので新しいことをやってみようと行った先では
ありましたが、距離に見合った芳しい釣果を得られ
ませんでしたので、再度訪れるかどうかは不明です。


今年も、皆様に、よい釣果とフォローの風が訪れ
ますように。
posted by raoya at 19:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年12月25日

ネタの裏取り

22日 通勤途上 1店舗
23日 京王線沿線等 7店舗(うち非BO2、ボウズ2)
24日 西武線沿線等 6店舗(うちボウズ2)
25日 西武線沿線 5店舗(うちボウズ1)

今年も押し迫ってきました。ブックオフは引き続き
活発にセールをしており、客の入りも悪くない印象
です。
ただ、棚の憩いがそろそろ落ちてきているような
気がします。もしかしたら、正月のセール用に確保
している部分があるのかもしれませんが、今週末は
やや徒労感を感じさせる手応えの店が多かったです。
店の選ぶ方の問題も多分にありますが。

正月もいろいろな独自セールの予定の告知を掲示
している店がありました。目を凝らしてみると、
セドリもしくはセドリっぽい人の購入はお断り
みたいなことが書いてある掲示も。
証拠写真を撮り忘れてしまったので、皆さんに
ご覧いただけないのが残念ですが、新宿西口です。
挙動不審な態度をとると購入を拒絶される場合が
あるそうですので、皆様お気を付けください。

ブックオフの閉店時刻が繰り上がっている話はもう
しばらく前から聞いていますが、開店時刻が繰り
下がっている店もあるようですね。

祝日の23日に10:40くらいに到着した店は、その時間に
店が閉まっていました。サイトで確認すると、
「11:00〜23:00 (平日)10:00〜23:00 (土・日・祝)」
との記載が。

念のため11時まで近所で時間をつぶして再度行くと
しれっと営業していました。どうやら、この店舗、
平成も28年目になるというのに、12/23が
祝日になったことを未だに知らなかったようです。

会計する時に店員に確認しようと思っていたのですが、
いざその時になったらそことを忘れていました。
もしかしたら、掲示の方が間違っているだけなの
かもしれません。

このように、ブログネタの裏取りを失念するという
気の抜けぶりは、今に始まったことではありませんが、
抜けているところは、読者の皆様がご自身の足で
確認いただくということでよろしくお願いします。
有益な情報を提供することのない当サイトは、
息抜きのネタのみを提供することを主眼としているが
ために存続できているような側面もあります。


もう一つ、今週のニュースで目を引いたのは、
自己発送手段のひとつであるゆうメールの値上げ。
http://www.post.japanpost.jp/notification/pressrelease/2016/00_honsha/1222_01.html
これまで、クリックポストの上限の厚みである
3センチを超える商品を送る場合にゆうメールを
使用していましたが、来年の6月からは、
3センチ超が規格外となり料金が従来よりも
上がります。
この価格であれば、梱包材のことなどを考えると
トータルメリットがレターパックと逆転する
ケースが多くなりますね。


あと今週は、あまりにも付け値が高すぎて
愛想をつかし、もう数年行っていなかった
店に、気が向いて久しぶりに行ってきました。
釣果はほとんどなかったのですが、以前は
この店に自転車で行っていたことを思い出し、
沿道の懐かしい風景にひとしきり思いを
はせました。

当時は若かったので、この店以外にもそれなりの
距離のある店まで自転車で行っていましたが、
今やそれらの店へは電車やバスで行っています。
徒歩で巡回する場合も、以前ほど無理はしなく
なりました。

コストに対する意識が、年とともに変わったことが
わかります。体力の消耗をコスト負担で肩代わり
してもらおうという意識が高くなったということです。

絶版本を、自分の足で探すか、AMAZONの高い出品物を
買うか、という判断基準もこれと似たような点があるの
ではないでしょうか。
高くても稀少な本は、ぜひマーケットプレイスで
ご購入いただきたいものです。
posted by raoya at 17:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年12月18日

ネット転売は嫌儲

10日 東武線沿線等 3店舗
12日 通勤経路 1店舗
16日 横浜線沿線 2店舗
17日 中央線沿線等 5店舗(うちボウズ1)
18日 南武線沿線等 5店舗

ブックオフは今週末もセールをしていましたね。
新書200円均一とか、20%オフとか、
店舗によって使い分けをしているようです。
客数の回復傾向もみられるようなので、
セールで一定の効果は上がっているのでしょう。

店頭では年末の買取の告知もしているので、ぜひ
頑張ってもらいたいものです。


新書200円均一とはかなりしょぼいセール
に感じられますが、これをしていた店は、
新書棚の最近の超縮小傾向を考えると、かなり
セール余力が少ない店と思われます。
在庫の余力がないのは仕方ありませんが、
200円均一の張り紙を108円の棚にまで
している店がありました。きっと逆効果にしか
ならないこのようなことに気付くくらいの
余力は残しておいてほしいものです。


先日、ポッドキャストで、DeNAのキュレーション
サイトにまつわる一件について印象に残る
コメントを聞きました。当サイトの趣旨にも
合う内容でしたので、ご紹介します。

要約&自己解釈を加味すると、以下のような感じ。

インターネットの世界へのかかわり方は、
そこに対して知識の蓄積と高度化を志向する層と、
そこから収入を得られれば知識の蓄積や高度化は
二の次という考え方をする層とがいて、両者は
対立しているとのこと。
ここでいう収入とは、主にアフィリエイトを想定。
前者は後者から被害を受けているわけでもないのに
後者を忌避しており、そのことは、ネット上では
「嫌儲」と称されています。


そのことから想起したのは、ネット転売について。

ネット転売も、直接被害を受けているわけでもない
人からも嫌われることが多いですが、これと
同じ構造になっているのではないかと思われます。

我々は、流動性供給を名目にしているところが
あるわけですが、そんな名目は一般人には
通用しません。店舗で見かける業者は、見た人に
対して流動性を供給しているわけではなく、
単に目障りに特異な動きをしているだけです。

一般人の感覚としては、小売り店は最終消費者が
購入するための場所であり、利益を得る場ではありません。
最終消費者が集う場所に、異なる目的、しかも
利益を得ることを目的とする人が出入りすることは、
機会損失が発生しているような気分がするなどして、
気に食わないことでしょう。

このような構造があることを踏まえると、ただでさえ
印象の良くない我々は、DeNAが陥ったような、
モラルのない行為を店頭で行うことは厳に
慎まなければならないわけです。
視線が厳しいことを前提として、迷惑をかけ
なければいいというだけではなく、目障りに
ならないようにするのが、長く活動するための
秘訣です。

DeNAのサイト非公開化は、我々にとっての店舗出入り
禁止と同じような位置づけなんでしょうね。


ちなみに、キュレーションという言葉ですが、私は、
ツイッターを始めたころに注目していた佐々木俊尚氏が
「キュレーションの時代」という書籍を出版していたので、
それで知りました。佐々木氏自身がキュレーターとして、
毎朝ツイッターで有用なサイト(記事)を紹介していたので、
その行為をキュレーションだと理解していました。
今使われているキュレーションは、まとめサイトと同義だと
説明されているので、やや違うニュアンスだなあと思っています。
posted by raoya at 20:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年12月10日

年の功と年の瀬

4日 山手線沿線 1店舗
9日 通勤途上 1店舗
10日 京葉線沿線等 5店舗

今週も日曜日に用事があるため、勝手ながら前倒しで
土曜日の更新とさせていただきます。


12月に入り、上旬の常ではあるものの、8日までは
それなりに数が出たものの、9日からは一転して
貧弱な売り上げに甘んじるという、極端な状況です。
このあたりはAMAZONのセール動向等に左右されている
という話も聞きますが、事実確認をしても何か手を
打てるわけでもないので、自然体で臨んでいます。
一時的なものであるのであれば、狼狽して価格改定する
といった愚行をしなければよいかな、程度の姿勢です。

上旬の売り上げについては、びっくりするようなものが
売れたわけではないので、金額的には大したことはなく、
棚のスペース確保に役立っているといった程度の
恩恵です。

その結果、在庫点数は、自己最盛期だった2年半前の半分に
近づこうとしています。
その当時はかなりしょうもない在庫を抱えていましたので、
それと比較すれば中身は締まってきてはいると思いますが、
最近多用されている負のレガシーは未だに潤沢にあります。
1円になるばかりではなく、ランキングも最近は200万位
以下に凋落しているものも散見されます。
出品していてもどうにもならないランクですので、
どこかでトイレットペーパーへの道を歩んでもらうしか
ないものと思っています。


最近は、ガンガン値下げするものと一定水準の付け値で
維持するものとのメリハリを出すように心がけています。
一時的に高騰した商品は、賞味期限が短いことを自覚して
値崩れする前に売り切ることを命題とし、高値圏での
循環性のあることがわかっている商品は、ぐっと我慢して
当初の付け値を維持します。
そして、ぐっと我慢する中で、我慢しきれずにダンピング
する出品者から丹念に刈り取ることも励行しています。
もう長くやっているので、価格回復力があるかどうかの
見極めは、それほど外れることはありません。
たまに外れても、トータルではプラス圏内にいます。
この「年の功」を活用してベース収益を確保しつつ、
新規手法を開拓していけるのが理想です。


ブックオフ店舗の方ですが、今月も広範囲の店舗で
500円以上お買い上げで110円引きのクーポンを
ネット配信しています。
なぜか、秋葉原だけは、スクリーンショット不可で、
店員が画面をスクロールさせて確認します。
尋ねたら、不正防止のためだそうです。
クーポンを入手するのに資格がいるのであれば
そのような確認をすることに意味がありますが、
スマホを持ってさえいれば誰でも入手可能な
クーポンをスクリーンショットじゃないかどうか
確認することの意味が不明なのですが、
どなたかわかりますか?
昔のワンデイパスの偽造と混同しているのであれば、
業務効率化のためにも誰か指摘してあげてください。


また、単行本2冊以上で20%オフのセールをして
いる店舗があり、さっそく出動している方の
勇姿も拝んできました。
もはや、なりふり構わない感じになってきています。
店内も混雑していたので、第三四半期はそれなりに
売り上げの立った決算報告ができることでしょう。
捨て値で仕入れているわけですから、売り上げさえ
立てば何とかなる業種だと思います。今後も、
売り上げの立つ施策を打ってもらいたいものです。

このように店内に活気が戻ってくると、買取の方にも
勢いが出てくるかもしれません。年の瀬の大掃除需要を
丹念に拾ってもらって、年始から気合で売って
もらいたいものです。
posted by raoya at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録
2016年12月03日

販促雑感

28日 通勤途上 1店舗
29日 通勤途上 1店舗
30日 通勤途上 1店舗
3日 東急線沿線等 7店舗(うちボウズ1)

明日はちょっと更新できなそうなので、一日早く
投稿します。予約投稿などといった細工はせず
自然体で。


先月と同様、職場の拘束時間短縮実績を作る
時期が到来、平日仕入れを敢行した週でした。

うち一日はブックの日。
本全品10%オフというのが今後主流になって
いくのか、常時掲示されているポスターでも
そのようなものを見かけるようになっています。

それ以外にも、2冊以上買うと20%オフという、
ちょっとうれしいセールネタが展開されていたり。
ブックオフも売上作りに腐心しているなあと
同情の念を禁じえません。


今日巡回した中に、元気な商店街に立地する店舗が
含まれていたのですが、その近辺を通ったとき、
商店会主催の福引をやっているのが目に止まりました。

昔はブックオフのセールと言えば福引。赤玉とかが
出ると店員がベルを鳴らしたりして盛り上げて
いたのがもう遠い昔のことになってしまいました。

先月から店舗限定で配っている50円引き券は、主に
都内の中小型店舗で使えるようになっていますが、
大型店舗のように目玉になるようなセールを打てない
店舗がこれで客引きしようという戦略なのでしょう。
割引券を使って買ってもまた券をくれるので、
券を使い切らないともったいないと思っている人は
永遠に買い続けなければなりません。

まあこれは以前レシートクーポンを発行していたのと
効果は一緒なので、お得感はいまいちですが、
複数店舗で有効な点はちょっと助かります。


そろそろ町はクリスマスモード。ブックオフでもBGMに
山下達郎などを流して、「世代を超えた名曲ですね」
などと解説することでしょう。そんな解説をされて
「うーん全くその通りだなあ」なんて納得する人が
果たしているのかどうかは不明です。

あとは店員がサンタの格好をしたりしていましたよね。
去年はハロウィンの仮想をしていた店舗もありましたが
今年はそういうのは見かけませんでした。
今年のクリスマスはどうするのでしょうね。
衣装はどうでもいいですが、重要な在庫源である、
買取キャンペーンを効果的に打つのだけはお忘れなきよう。
posted by raoya at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仕入れの記録